転用でプロバイダを乗り換える手順と方法について

転用でプロバイダを乗り換える方法ですが、まずは転用とは何でしょうか?! 転用とは簡単に言うと、フレッツ光を光コラボレーション事業者へ貸し出すことです。貸し出すことでフレッツ光とプロバイダが1つになり、1つの光インターネットサービスが運用されるという事です。

転用するには、「転用承諾番号」が必要になります。この言葉を覚えておいて下さいね。

1.転用承諾番号を取得する

まずは転用承諾番号を取得することから始まります。NTT東日本・NTT西日本にて発行してもらうのですが、これはフレッツ光を借りて光コラボレーションでインターネットをするために必要な承諾書です。

方法は簡単です。NTT東日本・NTT西日本のホームページへ行き、転用承諾番号を発行するコーナーにて必要事項に記入の上、申し込みをすると記入したメールアドレス宛に転用承諾番号が送られてきます。

申し込みの際には「名前」「メールアドレス」「住所」など記入漏れがないかを確認しておきましょう。特に「メールアドレス」は転用承諾番号を発行してもらうために必要なものとなります。

2.光コラボレーション・ドコモ光を申し込む(プロバイダの申し込み)

転用承諾番号が手に入ったら、早速ですが申し込みをしたいプロバイダに申し込みをします。転用なので光コラボレーションかドコモ光のプロバイダになります。くれぐれもauひかりやNURO光、eo光などに申し込みをしないように。

転用ですので、フレッツ光を利用する光インターネットサービスになります。申し込む際にも「名前」「メールアドレス」「住所」などの記入漏れがないか確認をしながら申し込みをして下さい。

3.プロバイダから確認の連絡

自動返信になるかも知れませんが、プロバイダから入力したメールアドレス宛に確認の連絡があります。その際には間違いがないかを確認しておきましょう。もし入力漏れや間違いがあれば返信して間違いを修正しましょう。

4.プロバイダからご利用案内の通知、レンタルルーターの送付

転用を経験したことから書かせてもらうと、約1週間ほどでプロバイダからご利用案内の通知が郵送にて届きます。それと同時にレンタルルーターも送られてきます。私の場合はレンタルルーターではなかったので、ご利用案内の通知だけでした。

郵便で届いたご利用案内の内容は、プロバイダIDやパスワードなどの利用するにあたって重要なことが書かれたものとなります。大切に保管しておきましょう。

5.プロバイダの設定およびルーターの設置

転用とはいえ、プロバイダを乗り換えているならば、プロバイダIDとパスワードの設定が必要です。もし、プロバイダの設定が難しいようであれば、プロバイダのサポートに依頼しても良いかも知れませんね。

プロバイダのサポートに訪問設定サポートがあります。プロバイダのキャンペーンで初回のみ無料でやってくれる事があります。利用してみましょう。

新規ではないので新しくルーターを買い替える必要はありません。転用前に使っていたルーターをそのまま使うことも出来ます。但し、v6プラスやOCNのv6アルファなどを使う場合は、専用のレンタルルーターが送られてくるのでパソコンなどに設置する必要があります。

v6プラスやv6アルファの場合は、プロバイダ設定は必要ありません。レンタルルーターを設置して電源を入れるとプロバイダの設定をせずにインターネットに接続されます。

6.インターネットの開通

これでインターネットへの開通となりました。ご苦労様です。どうでしょうか? 転用の場合は光回線の工事が必要ありません。ですから、気軽に乗り換えが出来ます。但し、転用はNTT東日本・NTT西日本からとなります。

詳しくはこちら⇒【プロバイダ乗り換えの手順

まとめ

転用は、NTT東日本・NTT西日本から転用承諾番号を発行してもらう事が最大の仕事になります。それ以外は簡単ですし、光回線の工事がない分面倒臭い事がありません。光コラボレーションやドコモ光では、フレッツ光と違い、プロバイダと光回線の料金が一括で支払えるのがメリットです。

転用をして光コラボのプロバイダでインターネットを楽しんで下さいね。

参考にしたサイト⇒【転用について