事業者変更でプロバイダを乗り換える手順と方法について

事業者変更と聞いて何だろうと思った方もいるかも知れませんね。光コラボレーションやドコモ光へ転用したのはいいが、そこから他社へ乗り換えが困難という問題が起こりました。それから数年後の2019年7月より事業者変更手続きがスタートしました。

事業者変更が行われるまでは、光コラボレーションから他社へ乗り換える際には必ず回線工事が必要となっていました。同じフレッツ光なのになぜという疑問が起こると思いますが、当時は工事をしなければ乗り換えが出来なかったのです。

事業者変更手続きが始まってからは、回線工事をすることなく乗り換えが可能になったのです。その代わりに現在利用してる事業者から事業者変更承諾番号を発行してもらう必要があります。

では実際に事業者変更の手続きの手順と方法について紹介をしていきます。

1.事業者変更承諾番号の取得

現在利用している事業者から事業者変更承諾番号をサポートに電話をして取得します。取得したら、その番号は大切ですので保管しておいて下さいね。取得の際にはメールアドレスが必要になります。登録してるメールアドレス宛に事業者変更承諾番号が送られてきます。

2.プロバイダを申し込む

ここで申し込みをしたい光コラボレーション事業者およびドコモ光などへのプロバイダに申し込みをします。その際には、必要事項を入力していきますが、事業者変更承諾番号も入力をします。

「名前」「メールアドレス」「住所」「事業者変更承諾番号」など記入漏れがないか確認をしてから「申し込み」ボタンを押します。これでプロバイダの申し込みは完了です。

3.プロバイダより申し込みの確認

申し込みを完了するとプロバイダから確認のメールが届きます。内容を確認して間違いがないか大丈夫かを見ておきましょう。特に「名前」「住所」などが間違いがあると重要書類が届かない可能性が出てくるので注意しましょう。

4.プロバイダよりご利用案内とレンタルルーターが届く

約1週間ほどしてからプロバイダからご利用案内が郵送にて届きます。それと同時にレンタルルーターも届きます。但し、プロバイダ側がレンタルルーターを用意してない場合は届きません。v6プラスやv6アルファを申し込んでいる場合はレンタルルーターが届きます。

プロバイダからご利用案内とレンタルルーターが届いた場合は、内容について確認をしておきましょう。足りないものはないですか? また、間違いなどないでしょうか? もしあればプロバイダのサポートへ連絡をしておきましょう。

5.パソコンや端末に設定をする

プロバイダからご利用案内が郵送にて届いたら、早速パソコンやご利用される端末にプロバイダの設定やメールアドレスの設定などをしましょう。また、レンタルルーターが届いた場合もルーターの設定はしておきましょう。

但し、v6プラスおよびv6アルファを申し込みされた場合は、専用のレンタルルーターが届くので設定をする必要はありません。パソコンや端末に接続して電源を入れるだけでインターネットに接続出来ます。

6.インターネットへの接続

すべての作業が終われば、インターネットへ接続してみましょう。完了すればこれで全ての作業が終わりです。新しいプロバイダに乗り換えてインターネットを楽しんで下さい。お疲れ様でした。

詳しくはこちら⇒【プロバイダ乗り換えの手順

まとめ

事業者変更の手続きは、転用の手続きと似ています。違うのはNTT東日本・NTT西日本から転用するのと、現在の事業者から乗り換えるのとで違いがあります。その後の作業は殆ど同じです。

事業者変更承諾番号は現在の事業者のサポートへ電話して貰ってください。それ以外に方法は今のところありません。電話が混み合うことも予想されるので予め余裕をもって電話しましょう。

参考にしたサイト⇒【事業者変更について