プロバイダー乗り換えをするにはどうすれば良いかわからないという方のために、乗り換えの手順から注意点まで紹介していきます。

最後にはお得情報も紹介してますので、最後まで楽しんで下さいね。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え28社以上を比較

プロバイダー乗り換え基本情報

プロバイダーって何?!

プロバイダーは、ユーザーがインターネットにアクセスするためのサービスを提供する企業または組織です。

光回線やケーブルなどの物理的な回線を利用し、ユーザーにインターネット接続を提供します。

プロバイダーの主な役割には、IPアドレスの割り当て、DNSサービス、電子メール提供、セキュリティ対策、料金体系の設定などが含まれます。

ユーザーはプロバイダーと契約し、月額料金を支払うことで、安定かつ高速なインターネット接続を享受できます。

詳しくはこちらプロバイダーとは?!

参考プロバイダーとは

プロバイダーの乗り換えとは?!

回線にかかわらず、プロバイダーを他社へ乗り換えすること

プロバイダー乗り換えとは、わかりやすく説明するとA社というプロバイダーからB社というプロバイダーへ乗り換えを行うことを言います。

フレッツ光時代に生まれた言葉なので、光回線はそのままでプロバイダーのみを乗り換えることを言います。

しかし、時代は変わり光コラボレーションも普及してきたことで、光回線ごとプロバイダーを乗り換えることも言うようになりました。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えとはどんな意味

参考プロバイダー乗り換えとは

自分のプロバイダーがどこか知りたい!プロバイダーがどこかわからない方のために

プロバイダーを乗り換えようする前に自分のプロバイダーがどこなのか知っておく必要があります。ここら辺は大丈夫ですか?!

もし自分のプロバイダーがわからないって方がいたら次の方法をお試し下さい。

1.プロバイダーから自宅へ届く郵便物やメールで判断!

2.プロバイダーから付与されてるメールアドレスから判断!

3.超便利!クリックするだけでわかってしまう確認くんを利用しよう!

以上となります。詳しいことは割愛しますが、各々で自分のプロバイダーを調べてみてください。

詳しくはこちら自分のプロバイダーがわからない!を解消する方法

参考プロバイダーがわからない

インターネット契約に必要なもの


インターネット回線の契約をする際に必要なものは、通常以下のような要素です。

ただし、プロバイダー会社によってまたは、乗り換えの種類(転用、事業者変更、新規)などにより必要となるものが違います。

個人情報


通常、契約者の個人情報が必要です。これには氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスなどが含まれます。

身分証明書


契約者の身分を確認するために、有効な身分証明書が必要です。パスポート、運転免許証、健康保険証などが一般的な身分証明書です。

契約形態の選択


契約するプランや回線速度、サービスオプションなどに関する情報が必要です。

これには、月額料金、回線速度(通常はMbps単位)、契約期間、オプションサービス(例: ルーターレンタル、セキュリティサービス)などが含まれます。

支払い情報


通常、契約者が料金を支払うための支払い情報が必要です。これにはクレジットカード情報、銀行口座情報、クレジットカードの自動引き落としなどが含まれます。

契約書


ISPが提供する契約書を読み、同意したことを確認する必要があります。契約書にはサービスの利用条件、料金、キャンセルポリシーなどが明記されています。

技術的な要件


インターネット回線の設置には、物理的な要件がある場合があります。たとえば、特定の配線が必要な場合、設備の設置が必要な場合などが考えられます。

これらの要素を揃えて契約を進めることで、スムーズにインターネット回線を利用することができます。 ISPによっては、オンラインで契約手続きを行える場合もあります。

プロバイダー乗り換え後のメールアドレスについて

プロバイダーを乗り換える場合、メールアドレスの移行も検討する必要があります。以下に、一般的な移行方法をいくつか紹介します。

メール転送サービスを利用する

メール転送サービスを利用すると、旧メールアドレス宛のメールを新メールアドレスに転送することができます。一時的な措置として便利ですが、転送先メールボックスの容量に制限がある場合があるので、長期的な使用には向きません。

新しいメールアドレスを作成する

新しいメールアドレスを作成し、友人や知人に新アドレスを通知することもできます。旧アドレスに送信されたメールは受信できませんが、新アドレスから返信することで、連絡を取り合うことができます。

旧メールアドレスを利用し続ける

プロバイダーを変更しても、旧メールアドレスは利用できる場合があります。旧プロバイダーに問い合わせて確認するか、自分で設定変更を行って継続利用することができます。

メールソフトに設定変更を行う

メールソフトにて、受信サーバーと送信サーバーの設定変更を行うことで、旧メールアドレスを新プロバイダーで利用することができます。ただし、旧プロバイダーが提供していた機能を新プロバイダーで利用できない場合があるので、確認が必要です。

以上の方法の中から、自分に合った方法を選んでみてください。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え後のメールアドレス

参考サイトプロバイダー乗り換えメールアドレス

プロバイダーを変えたらすることとは?!手順が知りたい。簡単3ステップで誰でもできます

誰でも簡単にインターネットの契約はできます。老若男女誰であろうとも簡単3ステップで乗り換えが完了します。その方法とは?!

詳しくはこちら私が初めてプロバイダー乗り換えをした手順をレビュー

女性でも出来る!プロバイダーを乗り換える手順は簡単の3ステップ

「プロバイダーを変えるためにはどうしたらよかったんだっけ?!」「何から始めたらいいのかわからない!」などと機械音痴なあなた。パソコン操作が苦手なあなたからの声が聞こえそうです。

大丈夫!誰でも最初は初心者です。慣れたら簡単に出来ますので安心して下さいね。僕も最初の頃はパソコン操作が苦手な方だったので、難しく思えてましたが、今では簡単に自分ひとりで出来るようになりましたよ。

プロバイダーを変えるには最初にやることは申し込みです。誰でも出来ますのでやってみましょう!

1.申し込む(プロバイダーのみ、プロバイダーなど)

プロバイダー乗り換えの申し込み方法

2.解約する(今まで利用してたプロバイダー)

今まで利用してたプロバイダーを解約しましょう。新しく契約したプロバイダーの設定を行うためにまずは解約をします。

プロバイダー乗り換えの解約タイミングについて

プロバイダー乗り換えの解約タイミングについては、各プロバイダーによって異なるため、事前に確認することをおすすめします。一般的に、契約期間内に解約する場合は解約金が発生することがあります。契約期間外であれば、原則として解約金は発生しないことが多いです。

また、新しいプロバイダーとの契約期間の開始日と、古いプロバイダーとの解約日が重ならないように注意する必要があります。新しいプロバイダーによっては、古いプロバイダーからの引き継ぎ手続きに数日間かかることがあるため、余裕を持って手続きを進めることが望ましいです。

プロバイダー乗り換えにあたっては、契約内容の確認や解約手続きなど、いくつかの手続きが必要となります。これらの手続きをスムーズに進めるためにも、事前にしっかりと準備しておくことが重要です。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えの解約タイミング

参考プロバイダー乗り換え解約タイミング

機械音痴&パソコン操作が苦手な方にとって設定は地獄みたいなもの。でも安心して下さい。「v6プラス」なら設定も簡単です。

3.設定をする(プロバイダー、ルーターなど)

プロバイダー乗り換え後のパソコン設定方法

プロバイダー乗り換え後の設定とルーター設定

プロバイダーを乗り換えた場合、新しいプロバイダーの設定を行う必要があります。以下は、代表的なプロバイダーの設定方法についての一般的な手順です。

1.ルーターの設定変更:新しいプロバイダーによって提供されたルーターを設定し、以前のプロバイダーで使用していたルーターの設定を削除する必要があります。

2.メール設定:新しいプロバイダーで使用するメールアドレスを設定し、以前のプロバイダーで使用していたメールアドレスの設定を削除する必要があります。

3.ブラウザの設定:新しいプロバイダーのホームページをブラウザのホームページに設定し、以前のプロバイダーの設定を削除する必要があります。

4.セキュリティソフトの設定:新しいプロバイダーが提供するセキュリティソフトをインストールし、以前のプロバイダーが提供していたセキュリティソフトの設定を削除する必要があります。

5.ネットワークの設定:新しいプロバイダーが提供するインターネット接続設定を設定し、以前のプロバイダーが提供していた設定を削除する必要があります。

以上が一般的なプロバイダーの設定手順ですが、プロバイダーによっては異なる場合があります。プロバイダーの提供するマニュアルや、オンラインサポートを参照しながら、正しい設定手順を確認することが重要です。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え後の設定

参考プロバイダー乗り換え設定

プロバイダーを変える後のWindows10向けパソコンの初期設定方法

機械音痴のあなた。パソコン操作が苦手なあなたにとって、プロバイダーを変えたらすることの中で最難関なことが設定ですね。

機械音痴であっても、パソコン操作が苦手であっても、プロバイダーの設定は覚えれば簡単です。誰でも出来ますから安心して下さい。

まずは深~く深呼吸をしてください。そして、プロバイダーから送られてきている書類を取り出してみて下さい。そこにプロバイダーIDパスワードが載ってますよね。

では、頑張って設定をやってみましょう!まずはパソコンを起動させてください。

次にコントロールパネルを開いて下さい。

ここから設定のスタートです。詳しい設定方法は下記に記載されています。頑張って下さいね。やれば出来ます!!

詳しくはこちらWindows10パソコンでのプロバイダー初期設定方法

参考プロバイダー乗り換え後のパソコン設定

プロバイダー乗り換え後の無線LANルーター設定について

有線でパソコンとインターネット機器をつないでるって方々には関係はないですが、最近はどちらかと言うと無線LANルーターを利用して家中でインターネットを楽しみたいという方も増えてます。

そんな方々はプロバイダー乗り換え後には無線LANルーターの設定もやっておきましょう。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え後の無線LANルーター設定方法

詳しくはこちらプロバイダーを乗り換える手順について【超簡単3ステップ】

参考にしたサイト【乗り換え手順について】

参考プロバイダー乗り換えの手順

めんどくさがり屋さんの工事不要でプロバイダーを変える方法とは?!

回線工事をするには、立会人が必要など面倒なことがあります。こちらの予定と回線工事側の予定が一致しないとなかなか決まらないものです。それだけではなく予約が多いとなかなか取り合ってくれないなど工事が進まない場合もあります。

そんなことから工事不要でプロバイダーを簡単に乗り換えたいと考える人も多いのではないでしょうか?!

事実、この私もその一人です。面倒な工事が不要になる方法は、フレッツ光回線を利用してる事が最低条件になります。

フレッツ光なら、「転用」と「事業者変更」による方法でプロバイダーのみを乗り換えることが出来ます。実際は回線事業者が変わります。しかし、工事は不要です。

転用での乗り換え

プロバイダーを乗り換える手順は基本と変わりません。但し、準備が必要になります。申し込みをする前に、NTT東日本およびNTT西日本へ転用を申し込みます。つまり、フレッツ光をプロバイダーレーション事業者へ転用することになります。

NTT東日本およびNTT西日本へは、「転用承諾番号」を発行してもらうのです。その番号を発行してもらったら、そのままプロバイダー乗り換えの手順へと進みます。

転用承諾番号は、プロバイダーを申し込み際に必要となります。

詳しくはこちら転用で乗り換える手順

事業者変更での乗り換え

プロバイダー乗り換えの手順は変わりないのですが、最初に準備することがあります。それは「事業者変更承諾番号」を発行しておくことです。

今現在の事業者から「事業者変更承諾番号」を発行しておいて下さい。サポートへ電話することで入手することが出来ます。

詳しくはこちら事業者変更をレビュー

プロバイダーを乗り換える際の注意点について

1.メールアドレスが使えなくなる

2.違約金が発生する場合がある

3.インターネットに接続できない期間がある

4.レンタルしたルーターなどは返却しなければならない

5.遠隔操作による変更を迫る電話勧誘

補足.回線工事が必要な場合も

詳しくはこちらプロバイダーを乗り換える注意点が5つ

参考プロバイダー乗り換えの注意点

プロバイダー乗り換え後に発生する違約金について

プロバイダーの契約によって異なりますが、一般的には以下のような違約金が発生します。

●契約期間内に解約する場合に発生する違約金:プロバイダーによって契約期間や違約金額は異なりますが、例えば3年契約の場合には、違約金は1万円前後が一般的です。

●工事費用の返還義務:新規で契約をする場合に工事費用が発生する場合がありますが、この場合には契約期間にかかわらず、工事費用の返還義務が生じることがあります。ただし、工事費用が無料であるプロバイダーもありますので、契約前に確認が必要です。

プロバイダーによって違約金の額や返還義務が異なるため、契約前にしっかりと確認し、自分に合ったプロバイダーを選ぶようにしましょう。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え後の違約金

参考サイトプロバイダー乗り換え違約金

失敗しないプロバイダー乗り換えをするための選び方は3つ

プロバイダーを乗り換える場合に注意しなければならないことが沢山あります。失敗しないための選び方をここで紹介させて頂きます。なお、この選び方は私の経験も含まれています。

1.速度と安定性を確認する

新しいプロバイダーを選ぶ際に、まずはインターネット速度と安定性を確認しましょう。

これには、自宅で使用するデバイスの数や、どのようなオンライン活動を行うかに応じて、最適な速度を選ぶ必要があります。

また、プロバイダーが提供する回線の種類にも注目してください。光ファイバーやケーブルモデムなど、高速かつ安定した回線を提供するプロバイダーを選ぶことが重要です。

とは言っても、わからないものです。そこで口コミや評判を参考にして頂ければと思います。私も他の人がつぶやいてる口コミや評判を参考にしています。

2.料金プランを比較する

次に、新しいプロバイダーの料金プランを比較しましょう。これには、月額料金や契約期間、初期費用(事務手数料)や解約料金など、すべての費用を確認する必要があります。

また、割引キャンペーンや特典がある場合もありますので、しっかりと確認しましょう。

確認する場合は比較サイトで確認してもいいのですが、古くなった情報などもありますので最新の情報を知るためにも公式サイトで確認して下さい。

3.カスタマーサポートをチェックする

最後に、新しいプロバイダーのカスタマーサポートをチェックしましょう。トラブルや障害が発生した場合、迅速かつ効果的に対応してくれるかどうかが重要です。

また、サポートの方法(電話、メール、チャットなど)やサポート時間帯にも注目してください。

これらのポイントに注目して、複数のプロバイダーを比較し、自分に最適なプロバイダーを選びましょう。

詳しくはこちらプロバイダーの選び方

参考プロバイダーの選び方

まとめ


プロバイダーの乗り換えは、将来に向けてより良いインターネット環境を構築する一環として強くお勧めできます。

以下は、その後の将来における具体的な例を挙げて、プロバイダーの乗り換えの利点をご紹介します。

まず一つ目は、高速かつ安定した通信速度による生活の利便性向上です。

新しいプロバイダーに切り替えることで、ストレスなくウェブサイトの閲覧や動画のストリーミング、オンラインゲームなどが楽しめるようになります。

将来にわたってもっと多くのデジタルサービスを活用する際に、高速かつ安定した通信は不可欠です。

二つ目は、通信費用の削減と将来の経済的余裕の確保です。

プロバイダーの競争が激しい現在、新しいプロバイダーに乗り換えることでお得なキャンペーンや割引を利用できます。

これにより、通信料金の削減が実現し、将来の予算に余裕が生まれます。これらの余裕を活かして、趣味や教育、旅行など、自分の生活に合わせた使い道が広がります。

三つ目は、新しいプロバイダーの先進的なサービスやサポートによる安心感です。

将来において、何か問題が発生した場合には、新しいプロバイダーが提供する専門的なサポートが頼りになります。

迅速で的確な対応が期待できるため、ストレスなくインターネットを利用できるでしょう。

また、新しいプロバイダーが最新の技術やセキュリティ対策を導入している場合、将来的なサイバーセキュリティリスクに対する備えが強化されます。

プライバシーの保護やデータのセキュリティが確保されることで、安全なオンライン環境を構築できます。

これらの例からも分かるように、プロバイダーの乗り換えは将来に向けてより良いデジタル環境を築くために重要なステップとなります。

自身のニーズや状況に合わせて最適なプロバイダーを選択し、快適で安心なインターネットライフを実現してください。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えのおすすめポイント【2024年版】

詳しくはこちら光回線戸建て、マンション料金表一覧

プロバイダー乗り換えキャンペーンはキャッシュバックがおすすめ!

プロバイダーを乗り換える時に気になるのがキャンペーンですね。【キャッシュバック】【月額料金割引】【工事費無料】【違約金還元】【ポイントプレゼント】などなど

魅力的な乗り換えキャンペーンが目白押しです。その中でもキャッシュバックがおすすめという話です。

プロバイダー乗り換えのキャンペーンでは高額キャッシュバックが普通です。例えば【2万円】とか【5万円】とか。

GMOとくとくBBドコモ光へ乗り換えると10万円キャッシュバックを受けることができますし、OCNインターネットへ乗り換えると最大5万5千円キャッシュバックを受けれます。

お小遣い代わりに高額キャッシュバックを受けて、楽しいひと時を過ごすのもありだと思いますよ。今すぐ、乗り換えて高額キャッシュバックをゲットしましょう。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えキャンペーンはキャッシュバックが狙い目