目次

【2024年5月最新】おすすめなプロバイダー乗り換えキャンペーンベスト3

1位:GMOとくとくBBドコモ光



GMOドコモ光詳細へ

最大10万円キャッシュバック!

月額料金

ホーム:5720円(税込)

マンション:4400円(税込)

キャンペーン

最大10万円円キャッシュバック

2位:ソフトバンク光



ソフトバンク光評判へ

最大40000円キャッシュバック!

月額料金

ホーム:5720円(税込)

マンション:4180円(税込)

キャンペーン

40,000円キャッシュバック

最大31,680円分割引

他社へ違約金・撤去費用満額還元大阪では通信速度がNO1になったソフトバンク光です。

3位:OCNインターネット



OCNインターネット評判へ
最大55000円キャッシュバック!

月額料金

ホーム:5720円(税込)

マンション:4400円(税込)

NTTドコモが運営するプロバイダー!ドコモのdポイントを貯めるならここ!!

キャンペーン

55,000円キャッシュバック

10ギガの速度を実感できます!

従来の1ギガでも37000円のキャッシュバックがあります。

dポイントが最大で17000ポイント貰えます。従来の1ギガでも2000ポイント貰えます。

新生活を始めるならここ!!新規工事費が無料になります。

プロバイダーを乗り換えたいけどどこがいいのかわからない。プロバイダーを乗り換えたいのだけどパソコン操作が苦手で設定が困難。プロバイダー乗り換えの手続きが面倒などなど悩みは尽きないものですね。

今なら光コラボの事業者変更がおすすめです。工事不要で今すぐ乗り換えが出来ます。最短で1日で乗り換えが可能な場合もあります。

パソコン操作が苦手、機械音痴だからインターネットの申し込みは躊躇してしまうって方でも、簡単に乗り換えが出来ます。更にIPv6のIPoE接続なら設定も不要なので誰でも簡単に乗り換えが出来ます。

難しいことは考えずに光コラボのIPoE接続でインターネットを今すぐ始めましょう!

事業者変更をするには、フレッツ光にする必要があります。もし他社光回線を利用してるならフレッツ光がおすすめですよ。

【2024年5月】プロバイダー乗り換えキャンペーン比較

【2024年5月】光コラボの戸建て、マンションおすすめ一覧


So-net光評判へ

最大最大2年間月額料金を割引

【So-net 光 コラボ】

キャンペーン:最大2年間割引キャンペーン!ホーム4378円マンション3520

ホーム:6138円(税込)

マンション:4928円(税込)

事務手数料:3500
工事費:26400
違約金:So-netプラス戸建て4580円 マンション3480
So-net SML 違約金なし

アサヒネット評判へ

最大3万円キャッシュバック!

ASAHIネット

キャンペーン:1.2年間月額料金割引 2.30000円キャッシュバック

ホーム:4840円(税込)

マンション:3740円(税込)

事務手数料:880
工事費:22000
違約金:9500

ビッグローブ光評判へ

最大7万円キャッシュバック!

【ビッグローブ光】

キャンペーン:最大7万円キャッシュバック

ホーム:5698円(税込)

マンション:4488円(税込)

事務手数料:3300
工事費:28600
違約金:戸建4100円 マンション3000

ニフティ光評判へ

最大48000円分のニフティポイントプレゼント!

【@nifty光】

キャンペーン:ニフティ最大49500ポイントプレゼント

ホーム:5720円(税込)

マンション:4378円(税込)

事務手数料:3300
工事費:22000
違約金:戸建4840円 マンション3630円 10ギガ4840

DTI光評判へ

最大24000円キャッシュバック!

DTI 光

キャンペーン:1.Wi-Fiルータープレゼント 2.最大24000円キャッシュバック

ホーム:5280円(税込)

マンション:3960円(税込)

事務手数料:3300
工事費:22000
違約金:なし

ソフトバンク光評判へ

最大25000円キャッシュバック!

【SoftBank 光】

キャンペーン:1.最大25000円キャッシュバック 2.最大31680円割引 3.違約金満額還元

ホーム:5720円(税込)

マンション:4180円(税込)

事務手数料:3300
工事費:31680
違約金:11000

楽天ひかり評判へ

6ヵ月0円!ポイント7倍!

楽天ひかりの申し込みページへ
キャンペーン:1.6カ月0円 2.楽天ポイント毎日7倍

ホーム:5280円(税込)

マンション:4180円(税込)

事務手数料:1980
工事費:22000
違約金:戸建5280円 マンション4180

イツキ光評判へ

最大24400円お得!

イツキ光

キャンペーン:24400円分お得

ホーム:5280円(税込)

マンション:4180円(税込)

事務手数料:4378
工事費:22000
違約金:33000

【2024年5月】ドコモ光の戸建て、マンションおすすめ一覧

ドコモ光なら工事不要で乗り換えが出来るプランがあります。転用と事業者変更なら工事不要になります。

OCNインターネット詳細へ
最大最大5万5千円還元!

OCN オンラインショップ


OCN光とOCNドコモ光が統合して新しくスタート!

キャンペーン:1.1ギガ37000円還元 10ギガ55000円還元 2.ドコモポイント最大17000ptプレゼント 3.工事費無料

ホーム:5720円(税込)

マンション:4400円(税込)

事務手数料:3300
工事費:22000
違約金:戸建5500円 マンション4180

GMOドコモ光詳細へ

最大10万円キャッシュバック!

GMOとくとくBBのドコモ光

キャンペーン:10万円キャッシュバック

ホーム:5720円(税込)

マンション:4400円(税込)

事務手数料:3300
工事費:戸建19800円 マンション16500
違約金:戸建5500円 マンション4180

ニフティドコモ光評判へ

最大35000円キャッシュバック!

【@nifty with ドコモ光】

キャンペーン:1.35000キャッシュバック 2.ドコモポイント最大17000ptプレゼント

ホーム:5720円(税込)

マンション:4400円(税込)

事務手数料:3300
工事費:22000
違約金:戸建5500円 マンション4180

ドコモ光評判へ

最大4万円キャッシュバック!

ドコモ光

キャンペーン:1.最大40000円キャッシュバック 2.ドコモポイント最大17000ptプレゼント 3.工事費無料

ホーム:5720円(税込)

マンション:4400円(税込)

事務手数料:3300
工事費:22000
違約金:戸建5500円 マンション4180

【2024年5月】光回線の戸建て、マンションおすすめ一覧


So-net auひかり詳細へ

戸建て35ヶ月間最大2880円!

【So-net 光 (auひかり)】

キャンペーン:1.最大35か月、月額料金割引 2.違約金30000円還元 3.auスマートバリュー最大10000円還元

ホーム:4872円(税込)

マンション:2746円(税込)

事務手数料:3300
工事費:41250
撤去工事費:31680
違約金:戸建ずっとギガ得4730円 ギガ得4461
マンションお得A2290円 お得2730

GMO auひかり詳細へ

最大94000円キャッシュバック!

GMOとくとくBBのauひかりキャンペーン

キャンペーン:1.最大95000円キャッシュバック 2.違約金30000円還元 3.高性能Wi-Fiルータープレゼント

ホーム:5610円(税込)

マンション:4180円(税込)

事務手数料:3300
工事費:41250
撤去工事費:31680
違約金:戸建ずっとギガ得4730円 ギガ得4461
マンションお得A2290円 お得2730

NURO光評判へ

60000円キャッシュバック!

NURO 光


25000円キャッシュバック!

NURO光forマンション

キャンペーン:1.ホーム60000円キャッシュバック 2.マンション25000円キャッシュバック

ホーム:5200円(税込)
マンション:2090円(税込)

事務手数料:3300
工事費:44000
撤去工事費:11000
違約金:戸建なし
マンション3年528円 2年363円 10ギガ1078
【関西で申し込み可能】

eo光詳細へ

ネットの月額料金がお得!

EO光

キャンペーン:12か月980円割引

ホーム:3280円(税込)

3326円(税込)

事務手数料:3300
工事費:29700
撤去工事費:11000
違約金:最大1ヶ月分程度 ホーム1年2400円 2年5110円より 3年4140円より
【東海で申し込み可能】

コミュファ光詳細へ

最大93000円キャッシュバック!かネット月額料金が実質1年間無料!が選べる

顧客満足度5年連続No.1!【コミュファ光】

キャンペーン:1.最大93000円キャッシュバック 2.月額料金毎月550円割引 3.工事費無料

ホーム:4415円(税込)

マンション:3885円(税込)

事務手数料:770
工事費:27500
撤去工事費:13200
違約金:29700
【四国で申し込み可能】

ピカラ光詳細へ

3万円キャッシュバック!

ピカラ光

キャンペーン:1.最大30000円キャッシュバック 2.工事費無料

ホーム:4620円(税込)

マンション:3520円(税込)

事務手数料:3300
工事費:27500
撤去工事費:11000
違約金:月額料金の1ヶ月分相当
【九州で申し込み可能】

BBIQ詳細へ

3万円キャッシュバック!

【BBIQ】

キャンペーン:1.最大30000円キャッシュバック 2.39600円分の工事費実質無料 3.11か月最大1430円割引

ホーム:4070円(税込)

マンション:3080円(税込)

事務手数料:880
工事費:39600
撤去工事費:11000
違約金:月額料金の1ヶ月分相当

インターリンク詳細へ
キャンペーン:2ヶ月月額料金無料

ホーム:5115円(税込)東日本の場合

マンション:3190円(税込)東日本の場合

公式サイトで確認インターリンク

違約金:なし

おてがる光詳細へ
キャンペーン:縛りなし

ホーム:4708円(税込)

マンション:3608円(税込)

公式サイトで確認【おてがる光】

違約金:なし

ぷらら光詳細へ

ホーム:5280円(税込)

マンション:3960円(税込)


Drive光詳細へ

ホーム:6138円(税込)

マンション:5038円(税込)


アット光詳細へ

ホーム:5060円(税込)

マンション:3960円(税込)


ブロードエース詳細へ

ホーム:5995円(税込)東日本の場合

マンション:4070円(税込)東日本の場合


WAKWAK詳細へ

ホーム:5940円(税込)

マンション:4620円(税込)


いずもネット詳細へ

ホーム:6930円(税込)西日本の場合

マンション:5335円(税込)西日本の場合


アーバンインターネット詳細へ

ホーム:7315円(税込)東日本の場合

マンション:5390円(税込)東日本の場合

プロバイダー乗り換えしたい女性の一人暮らしの方のインターネット環境はどうしたらいいのか?!機械音痴、パソコン操作が苦手でも大丈夫


女性の方が一人暮らしを始めたけど、インターネット環境はどうしたらいいのかと悩んでませんか?!

多くの方は、Wi-Fiがいいよと言うでしょう。しかし、一人暮らしがひと時の事ならそれも納得の答えですが、長く一人暮らしをするならば光回線の選択もありです。

Wi-Fiは工事が不要で簡単に導入が出来ます。しかし、電波でインターネットをするので安定性がありません。電波の入りが良い時は快適ですが、小間切れ電波の時は不快で怒りさえ感じます。

それに比べて、最初は工事が必要ですが、その後のインターネットは安定していて高速なので快適に楽しむことが出来ます。

また、フレッツ光なら同じフレッツ光回線内のプロバイダーなら事業者変更などの方法を使って工事不要で乗り換えることが出来ます。しかもキャンペーンで高額キャッシュバックを貰える場合もあります。

長い目で見るならば、Wi-Fiよりも光回線を導入して、快適なインターネットライフを楽しみませんか?!

詳しくはこちらプロバイダーを変えたらすること

詳しくはこちら光回線の乗り換えが面倒臭いと感じる方へ

プロバイダー乗り換えでやることとは?!手順が知りたい。簡単3ステップで誰でもできます

誰でも簡単にインターネットの契約はできます。老若男女誰であろうとも簡単3ステップで乗り換えが完了します。その方法とは?!

詳しくはこちら私が初めてプロバイダー乗り換えをした手順をレビュー

女性でも出来る!プロバイダーを乗り換える手順は簡単の3ステップ

「プロバイダーを変えるためにはどうしたらよかったんだっけ?!」「何から始めたらいいのかわからない!」などと機械音痴なあなた。パソコン操作が苦手なあなたからの声が聞こえそうです。

大丈夫!誰でも最初は初心者です。慣れたら簡単に出来ますので安心して下さいね。僕も最初の頃はパソコン操作が苦手な方だったので、難しく思えてましたが、今では簡単に自分ひとりで出来るようになりましたよ。

プロバイダーを変えるには最初にやることは申し込みです。誰でも出来ますのでやってみましょう!

1.申し込む(プロバイダーのみ、プロバイダーなど)

2.設定をする(プロバイダー、ルーターなど)

プロバイダー乗り換え後の設定とルーター設定

プロバイダーを乗り換えた場合、新しいプロバイダーの設定を行う必要があります。以下は、代表的なプロバイダーの設定方法についての一般的な手順です。

1.ルーターの設定変更:新しいプロバイダーによって提供されたルーターを設定し、以前のプロバイダーで使用していたルーターの設定を削除する必要があります。

2.メール設定:新しいプロバイダーで使用するメールアドレスを設定し、以前のプロバイダーで使用していたメールアドレスの設定を削除する必要があります。

3.ブラウザの設定:新しいプロバイダーのホームページをブラウザのホームページに設定し、以前のプロバイダーの設定を削除する必要があります。

4.セキュリティソフトの設定:新しいプロバイダーが提供するセキュリティソフトをインストールし、以前のプロバイダーが提供していたセキュリティソフトの設定を削除する必要があります。

5.ネットワークの設定:新しいプロバイダーが提供するインターネット接続設定を設定し、以前のプロバイダーが提供していた設定を削除する必要があります。

以上が一般的なプロバイダーの設定手順ですが、プロバイダーによっては異なる場合があります。プロバイダーの提供するマニュアルや、オンラインサポートを参照しながら、正しい設定手順を確認することが重要です。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え後の設定

参考サイト無線LANの安全な利用について・総務省

プロバイダーを変える後のWindows10向けパソコンの初期設定方法

機械音痴のあなた。パソコン操作が苦手なあなたにとって、プロバイダーを変えたらすることの中で最難関なことが設定ですね。

機械音痴であっても、パソコン操作が苦手であっても、プロバイダーの設定は覚えれば簡単です。誰でも出来ますから安心して下さい。

まずは深~く深呼吸をしてください。そして、プロバイダーから送られてきている書類を取り出してみて下さい。そこにプロバイダーIDパスワードが載ってますよね。

では、頑張って設定をやってみましょう!まずはパソコンを起動させてください。

次にコントロールパネルを開いて下さい。

ここから設定のスタートです。詳しい設定方法は下記に記載されています。頑張って下さいね。やれば出来ます!!

詳しくはこちらWindows10パソコンでのプロバイダー初期設定方法

プロバイダー乗り換え後の無線LANルーター設定について

有線でパソコンとインターネット機器をつないでるって方々には関係はないですが、最近はどちらかと言うと無線LANルーターを利用して家中でインターネットを楽しみたいという方も増えてます。

そんな方々はプロバイダー乗り換え後には無線LANルーターの設定もやっておきましょう。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え後の無線LANルーター設定方法

3.解約する(今まで利用してたプロバイダー)

プロバイダー乗り換えの解約タイミングについて

プロバイダー乗り換えの解約タイミングについては、各プロバイダーによって異なるため、事前に確認することをおすすめします。一般的に、契約期間内に解約する場合は解約金が発生することがあります。契約期間外であれば、原則として解約金は発生しないことが多いです。

また、新しいプロバイダーとの契約期間の開始日と、古いプロバイダーとの解約日が重ならないように注意する必要があります。新しいプロバイダーによっては、古いプロバイダーからの引き継ぎ手続きに数日間かかることがあるため、余裕を持って手続きを進めることが望ましいです。

プロバイダー乗り換えにあたっては、契約内容の確認や解約手続きなど、いくつかの手続きが必要となります。これらの手続きをスムーズに進めるためにも、事前にしっかりと準備しておくことが重要です。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えの解約タイミング

機械音痴&パソコン操作が苦手な方にとって設定は地獄みたいなもの。でも安心して下さい。「v6プラス」なら設定も簡単です。

詳しくはこちらプロバイダーを乗り換える手順について【超簡単3ステップ】

参考にしたサイト【乗り換え手順について】

参考プロバイダー乗り換えの手順

めんどくさがり屋さんの工事不要でプロバイダーを変える方法とは?!

回線工事をするには、立会人が必要など面倒なことがあります。こちらの予定と回線工事側の予定が一致しないとなかなか決まらないものです。それだけではなく予約が多いとなかなか取り合ってくれないなど工事が進まない場合もあります。

そんなことから工事不要でプロバイダーを簡単に乗り換えたいと考える人も多いのではないでしょうか?!

事実、この私もその一人です。面倒な工事が不要になる方法は、フレッツ光回線を利用してる事が最低条件になります。

フレッツ光なら、「転用」と「事業者変更」による方法でプロバイダーのみを乗り換えることが出来ます。実際は回線事業者が変わります。しかし、工事は不要です。

転用での乗り換え

プロバイダーを乗り換える手順は基本と変わりません。但し、準備が必要になります。申し込みをする前に、NTT東日本およびNTT西日本へ転用を申し込みます。つまり、フレッツ光をプロバイダーレーション事業者へ転用することになります。

NTT東日本およびNTT西日本へは、「転用承諾番号」を発行してもらうのです。その番号を発行してもらったら、そのままプロバイダー乗り換えの手順へと進みます。

転用承諾番号は、プロバイダーを申し込み際に必要となります。

詳しくはこちら転用で乗り換える手順

事業者変更での乗り換え

プロバイダー乗り換えの手順は変わりないのですが、最初に準備することがあります。それは「事業者変更承諾番号」を発行しておくことです。

今現在の事業者から「事業者変更承諾番号」を発行しておいて下さい。サポートへ電話することで入手することが出来ます。

詳しくはこちら事業者変更をレビュー

プロバイダー乗り換え基本情報

プロバイダーって何?!

プロバイダーは、ユーザーがインターネットにアクセスするためのサービスを提供する企業または組織です。

光回線やケーブルなどの物理的な回線を利用し、ユーザーにインターネット接続を提供します。

プロバイダーの主な役割には、IPアドレスの割り当て、DNSサービス、電子メール提供、セキュリティ対策、料金体系の設定などが含まれます。

ユーザーはプロバイダーと契約し、月額料金を支払うことで、安定かつ高速なインターネット接続を享受できます。

参考にしたサイトインターネットってどうつながってるの?!総務省

詳しくはこちらプロバイダーとは?!

参考プロバイダーって何?!

プロバイダーの乗り換えとは?!

回線にかかわらず、プロバイダーを他社へ乗り換えすること

データベースの世界では時折、プロバイダーの乗り換えが面白くも可笑しくも起こることがあります。

特にOLE DBプロバイダーの「MSDASQL」から別のプロバイダーへの乗り換えに関するエピソードは、その奥深い技術的側面と波乱含みのエピソードに満ちています。

まず、プロバイダーの選択肢が登場すると、まるでデートの相手を選ぶようなワクワク感が漂います。

あれもこれも試してみたくなるものの、データベースとの相性が最も重要です。

まるで新しい恋に走るように、別のOLE DBプロバイダーに目移りするエンジニアも多いことでしょう。

しかし、MSDASQLからのプロバイダーの乗り換えには様々なハプニングがつきものです。

まず、新しいプロバイダーが分散トランザクションをサポートしていないという落とし穴にハマることがあります。

これはまるで、新しいパートナーが旅行が好きじゃないと知ってがっかりするようなものです。

また、接続文字列や設定の微妙な相違が、まるでドラマの展開のように問題を引き起こすこともあります。

まるで役者が役柄に入り込むように、正確な情報を指定しないとプロバイダーとの連携が上手くいかないのです。

プロバイダーの乗り換えはまるで新しい舞台に飛び込むようなもので、エキサイティングな一方で、不慣れな場面に挑戦することにもなります。

しかし、時にはこれが新たな可能性を切り開く冒険の第一歩になることもあります。

総じて、プロバイダーの乗り換えはまるで新たな冒険のようなもの。

面白いエピソードや予測不能な出来事もあるかもしれませんが、最終的にはより良いデータベースの未来を切り拓く手段となるでしょう。

データベースの冒険者たちにとって、新しいプロバイダーへの乗り換えは決して退屈なものではありません。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えとはどんな意味

参考サイトインターネットの仕組みについて・総務省

参考プロバイダー乗り換えって何?!

自分のプロバイダーがどこか知りたい!プロバイダーがどこかわからない方のために

プロバイダーを乗り換えようする前に自分のプロバイダーがどこなのか知っておく必要があります。ここら辺は大丈夫ですか?!

もし自分のプロバイダーがわからないって方がいたら次の方法をお試し下さい。

1.プロバイダーから自宅へ届く郵便物やメールで判断!

2.プロバイダーから付与されてるメールアドレスから判断!

3.超便利!クリックするだけでわかってしまう確認くんを利用しよう!

以上となります。詳しいことは割愛しますが、各々で自分のプロバイダーを調べてみてください。

詳しくはこちら自分のプロバイダーがわからない!を解消する方法

インターネット契約に必要なもの


インターネット回線の契約をする際に必要なものは、通常以下のような要素です。

ただし、国や地域、インターネットサービスプロバイダー(ISP)によって異なる場合がありますので、具体的な条件は契約するISPのポリシーや契約書を確認することが重要です。

個人情報


通常、契約者の個人情報が必要です。これには氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスなどが含まれます。

身分証明書


契約者の身分を確認するために、有効な身分証明書が必要です。パスポート、運転免許証、健康保険証などが一般的な身分証明書です。

契約形態の選択

契約するプランや回線速度、サービスオプションなどに関する情報が必要です。

これには、月額料金、回線速度(通常はMbps単位)、契約期間、オプションサービス(例: ルーターレンタル、セキュリティサービス)などが含まれます。

支払い情報


通常、契約者が料金を支払うための支払い情報が必要です。これにはクレジットカード情報、銀行口座情報、クレジットカードの自動引き落としなどが含まれます。

契約書

ISPが提供する契約書を読み、同意したことを確認する必要があります。契約書にはサービスの利用条件、料金、キャンセルポリシーなどが明記されています。

技術的な要件

インターネット回線の設置には、物理的な要件がある場合があります。たとえば、特定の配線が必要な場合、設備の設置が必要な場合などが考えられます。

これらの要素を揃えて契約を進めることで、スムーズにインターネット回線を利用することができます。 ISPによっては、オンラインで契約手続きを行える場合もあります。

プロバイダー乗り換え後のメールアドレスについて

プロバイダーを乗り換える場合、メールアドレスの移行も検討する必要があります。以下に、一般的な移行方法をいくつか紹介します。

メール転送サービスを利用する

メール転送サービスを利用すると、旧メールアドレス宛のメールを新メールアドレスに転送することができます。一時的な措置として便利ですが、転送先メールボックスの容量に制限がある場合があるので、長期的な使用には向きません。

新しいメールアドレスを作成する

新しいメールアドレスを作成し、友人や知人に新アドレスを通知することもできます。旧アドレスに送信されたメールは受信できませんが、新アドレスから返信することで、連絡を取り合うことができます。

旧メールアドレスを利用し続ける

プロバイダーを変更しても、旧メールアドレスは利用できる場合があります。旧プロバイダーに問い合わせて確認するか、自分で設定変更を行って継続利用することができます。

メールソフトに設定変更を行う

メールソフトにて、受信サーバーと送信サーバーの設定変更を行うことで、旧メールアドレスを新プロバイダーで利用することができます。ただし、旧プロバイダーが提供していた機能を新プロバイダーで利用できない場合があるので、確認が必要です。

以上の方法の中から、自分に合った方法を選んでみてください。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え後のメールアドレス

参考サイト電子メールの仕組みについて・総務省

詳しくはプロバイダー乗り換えは面倒じゃない!簡単3ステップの手順

プロバイダー乗り換えのデメリット7つ


プロバイダーを乗り換える際には、便利な点も多い一方で、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。以下に、プロバイダー乗り換えのデメリットについて紹介します。

プロバイダーメールが使えなくなる


インターネットを乗り換えると、従来のプロバイダーメールが使用できなくなる可能性があります。これにより、仕事やプライベートで使用していたメールアドレスを変更しなければならない手間が発生します。

解約金が発生する場合がある

一部のプロバイダー契約には、早期解約時に発生する解約金が設定されている場合があります。これにより、予期せぬ追加費用が発生する可能性があります。

通信速度が遅くなることも

新しいプロバイダーへの切り替えがスムーズでない場合、一時的に通信速度が低下することがあります。これは、新しいネットワーク環境の適応に時間がかかるためです。

割引がない場合がある

元のプロバイダーで受けていた特典や割引が、乗り換え先には提供されていない場合があります。これにより、利用料金が以前よりも高くなる可能性があります。

工事が必要な場合がある

切り替えた先で、一部の場合には設備や機器の交換が必要となり、工事が発生することがあります。これにより、一時的にネット接続が中断される可能性があります。

サポートが悪い

新しいプロバイダーが提供するサポートが、以前のよりも劣る場合があります。

問題が発生した際に十分なサポートを受けられない可能性があるため、慎重に選択する必要があります。

今まで使っていたプロバイダーのサービスが受けれなくなる

元のプロバイダーで受けていたサービスやポイントなどが、乗り換え先で受けれなくなる場合などがあります。

これには、特定のポイントが使用できなくなるといったデメリットが含まれます。

プロバイダーを乗り換えをする際には、これらのデメリットを考慮し、選ぶ際に選択を慎重に行うことが重要です。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えのデメリット

参考相談激増!プロバイダー乗り換えのデメリット

プロバイダー乗り換えのメリット5つ


プロバイダーを乗り換えることには、数々のメリットがあります。以下に、プロバイダー乗り換えの主なメリットを紹介します。

キャンペーンで高額なキャッシュバックがある




新しいプロバイダーに乗り換える際、特定のキャンペーンに参加すると、高額なキャッシュバックが得られることがあります。

これにより、初期費用や他の経費をカバーし、経済的なメリットを享受できます。

v6プラスによる快適な通信環境が実現される


一部のプロバイダーでは、最新の通信技術であるv6プラスを導入しており、これにより高速で快適な通信環境が提供されます。

これにより、データの送受信がスムーズに行われ、ストレスなくインターネットを利用できます。

料金が割引で安くなることがある




新しいプロバイダーに乗り換えると、特別なプランや割引が提供されることがあります。これにより、従来よりも低料金で高品質なサービスを受けることができ、経済的な節約が実現されます。

ポイントが貯まってお得になる


一部のプロバイダーでは、サービス利用に応じてポイントが貯まり、これを特典や割引として利用できる仕組みがあります。これにより、継続的な利用がお得になります。

工事もせずに簡単に乗り換えができる

フレッツ光では、事業者変更や転用などを利用することで、新しいプロバイダーに簡単かつ迅速に乗り換えることができます。これにより、手続きが煩わしくなく、スムーズな切り替えが実現されます。

これらのメリットを検討し、自身のニーズに合ったプロバイダーを選択することで、より充実した通信生活を送ることができます。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えのメリット

プロバイダーを乗り換える際の注意点について

1.メールアドレスが使えなくなる

2.違約金が発生する場合がある

3.インターネットに接続できない期間がある

4.通信速度が変わる

5.月額料金が変わる

6.レンタルしたルーターなどは返却しなければならない

7.遠隔操作による変更を迫る電話勧誘

補足.回線工事が必要な場合も

詳しくはこちらプロバイダーを乗り換える注意点が7つ

なお、プロバイダーの乗り換えをリモートなどで勝手に変えちゃうなどの不適切な勧誘があるとか。パソコン操作が苦手なことを知って勧誘してくる悪い奴らに騙されないようにご注意下さい。【総務省】遠隔操作による不適切な勧誘

参考プロバイダー乗り換えをしたが安くならなかったデメリット

大手プロバイダーと名乗る勧誘に注意

自らを大手プロバイダーであることを名乗る悪質な勧誘にはくれぐれも注意して頂きたいと思います。政府もそのことに関して注意喚起してますのでご注意下さい。

プロバイダーを乗り換えたいけど、どうしたらわからない時ほど不安ですし、何かにすがりたい気持ちになります。ですが、そんなあなたを狙ってくる悪質な業者には注意してくださいね。

出来れば、自分から公式サイトへ行ってサポートと話をした上で申し込むや、公式サイトで直接申し込む方が安心です。電話勧誘やDMなどの勧誘には乗らないで下さいね。

参考誤認を招くプロバイダーの勧誘について:総務省

また、インターネットを悪用する人がいます。フィッシング詐欺などにご注意して下さい。狙われないために確認をお願いします。

参考総務省:フィッシング詐欺について

参考にしたサイト乗り換えに関する参考資料/総務省

失敗しないプロバイダー乗り換えをするための選び方は3つ

プロバイダーを乗り換える場合に注意しなければならないことが沢山あります。失敗しないための選び方をここで紹介させて頂きます。なお、この選び方は私の経験も含まれています。

1.速度と安定性を確認する

新しいプロバイダーを選ぶ際に、まずはインターネット速度と安定性を確認しましょう。

これには、自宅で使用するデバイスの数や、どのようなオンライン活動を行うかに応じて、最適な速度を選ぶ必要があります。

また、プロバイダーが提供する回線の種類にも注目してください。光ファイバーやケーブルモデムなど、高速かつ安定した回線を提供するプロバイダーを選ぶことが重要です。

とは言っても、わからないものです。そこで口コミや評判を参考にして頂ければと思います。私も他の人がつぶやいてる口コミや評判を参考にしています。

2.料金プランを比較する

次に、新しいプロバイダーの料金プランを比較しましょう。これには、月額料金や契約期間、初期費用(事務手数料)や解約料金など、すべての費用を確認する必要があります。

また、割引キャンペーンや特典がある場合もありますので、しっかりと確認しましょう。

確認する場合は比較サイトで確認してもいいのですが、古くなった情報などもありますので最新の情報を知るためにも公式サイトで確認して下さい。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え一覧

3.カスタマーサポートをチェックする

最後に、新しいプロバイダーのカスタマーサポートをチェックしましょう。トラブルや障害が発生した場合、迅速かつ効果的に対応してくれるかどうかが重要です。

また、サポートの方法(電話、メール、チャットなど)やサポート時間帯にも注目してください。

これらのポイントに注目して、複数のプロバイダーを比較し、自分に最適なプロバイダーを選びましょう。

詳しくはこちらプロバイダーの選び方

プロバイダー乗り換え後に発生する違約金について

プロバイダーの契約によって異なりますが、一般的には以下のような違約金が発生します。

●契約期間内に解約する場合に発生する違約金:プロバイダーによって契約期間や違約金額は異なりますが、例えば3年契約の場合には、違約金は1万円前後が一般的です。

●工事費用の返還義務:新規で契約をする場合に工事費用が発生する場合がありますが、この場合には契約期間にかかわらず、工事費用の返還義務が生じることがあります。ただし、工事費用が無料であるプロバイダーもありますので、契約前に確認が必要です。

プロバイダーによって違約金の額や返還義務が異なるため、契約前にしっかりと確認し、自分に合ったプロバイダーを選ぶようにしましょう。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換え後の違約金

参考サイト消費者保護ルールについて・総務省

まとめ

プロバイダーの乗り換えは、将来に向けてより良いインターネット環境を構築する一環として強くお勧めできます。

以下は、その後の将来における具体的な例を挙げて、プロバイダーの乗り換えの利点をご紹介します。

まず一つ目は、高速かつ安定した通信速度による生活の利便性向上です。

新しいプロバイダーに切り替えることで、ストレスなくウェブサイトの閲覧や動画のストリーミング、オンラインゲームなどが楽しめるようになります。

将来にわたってもっと多くのデジタルサービスを活用する際に、高速かつ安定した通信は不可欠です。

二つ目は、通信費用の削減と将来の経済的余裕の確保です。

プロバイダーの競争が激しい現在、新しいプロバイダーに乗り換えることでお得なキャンペーンや割引を利用できます。

これにより、通信料金の削減が実現し、将来の予算に余裕が生まれます。これらの余裕を活かして、趣味や教育、旅行など、自分の生活に合わせた使い道が広がります。

三つ目は、新しいプロバイダーの先進的なサービスやサポートによる安心感です。

将来において、何か問題が発生した場合には、新しいプロバイダーが提供する専門的なサポートが頼りになります。

迅速で的確な対応が期待できるため、ストレスなくインターネットを利用できるでしょう。

また、新しいプロバイダーが最新の技術やセキュリティ対策を導入している場合、将来的なサイバーセキュリティリスクに対する備えが強化されます。

プライバシーの保護やデータのセキュリティが確保されることで、安全なオンライン環境を構築できます。

これらの例からも分かるように、プロバイダーの乗り換えは将来に向けてより良いデジタル環境を築くために重要なステップとなります。

自身のニーズや状況に合わせて最適なプロバイダーを選択し、快適で安心なインターネットライフを実現してください。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えのおすすめポイント【2024年版】