プロバイダー乗り換えの様々な方法を紹介します。大まかに3つのパターンがあります。

プロバイダのみを乗り換えする

プロバイダー乗り換えとは、そもそもNTT東日本、NTT西日本のフレッツ光で行われている業者のみを切り替えることを言います。

NTTのフレッツ光では、セットでサービスをする事がありません。そのために、NTTフレッツ光ではNTTがプロバイダサービスをする事がないのです。

NTTの独占法にも関係してきますが、フレッツ光ではNTTの東西会社が独占的にインターネットサービスをしてはいけないというものがあります。

プロバイダのみを乗り換えると、プロバイダ料金とNTTフレッツ光回線を別々の会社に支払うことになります。そのため面倒だと思われていましたね。

同じ回線同士での乗り換え

例えば、光コラボレーションというものがあります。NTTフレッツ光を転用して、光コラボレーション会社がプロバイダと回線をセットでサービスするものです。

光コラボレーションで、業者の乗り換えは同じ回線でありながら、別会社とみなされるので、回線ごとの乗り換えとなります。

そのために、ネット業者申し込み⇒回線の撤去⇒乗り換え先の回線工事⇒インターネット設定となり同じ光コラボレーション同士でも光回線の撤去と新規工事が必要となります。

ですから、プロバイダのみの乗り換えとは違いちょっと面倒なことになります。

同じ回線同士の乗り換えにも2つのパターンがあります。「転用で申し込み」「事業者変更で申し込み」です。それぞれについて紹介します。

転用で申し込み

同じフレッツ光でも、他社事業者へフレッツ光を貸し出すことを転用と言います。ですから、NTTフレッツ光から光コラボやドコモ光へ乗り換えることを転用というのですね。転用することでメリットも大きいです。例えば、今までは回線とプロバイダを分て支払っていたはずですが、まとめることで安くなります。

さらに詳しく知りたい方はこちら⇒【転用で申し込む手順と方法について

参考にしたサイト⇒https://join.biglobe.ne.jp/ftth/hikari/connect_tenyou.html

事業者変更で申し込み

事業者が違っても使ってる回線はフレッツ光なのに、乗り換えが困難でした。でも、事業者変更の仕組みが出来上がった事で、他社事業者へ乗り換えが簡単になりました。事業者変更により今までは工事が必要だった乗り換えも必要なく簡単に出来るメリットがあります。

さらに詳しく知りたい方はこちら⇒【事業者変更で申し込む手順と方法について

参考にしたサイト⇒https://flets.com/app10/kaiji/

他社での光回線の乗り換え

これは例えば、auひかりから光コラボレーションでのプロバイダー乗り換えを言います。この場合は、完全に撤去工事をやってから、新規の回線工事が必要となります。

同じ光回線なのに、なぜ撤去をしなければならないのか。なぜ回線工事を繰り返すのかは、スマホを乗り換えるのと同じで、同じスマホなのに回線工事はしませんが、スマホを使えるように作業をしなければなりませんよね。

回線が別会社な上にプロバイダまで違うなら、インターネットの設定をやり直さないといけませんし、回線の工事もやり直さないといけません。この場合は新規扱いになります。

さらに詳しく知りたい方はこちら⇒【新規で申し込む手順と方法について

参考にしたサイト⇒https://getnavi.jp/digital/491954/

まとめ

方法には3つありました。「プロバイダのみを乗り換える」「同じ回線同士で乗り換える」「他社での光回線の乗り換え」ですが、それぞれどういうものか理解した上で乗り換えを行ってください。

Q.回線工事は必要なのですか?

A.回線工事は必要な場合と必要としない場合があります。NTTフレッツ光内でのプロバイダー乗り換えの場合は、回線工事は必要ありません。

但し、その場合でも無料でインターネットの切り替えは出来ません。事務手数料として3,000円が必要となるので注意が必要です。

回線工事が必要な場合は、光回線サービスの新規導入の場合です。その場合は、工事費が発生しますので注意が必要です。

フレッツ光:15,000円~18,000円

光コラボレーション:15,000円~18,000円

ドコモ光:15,000円~18,000円

auひかり:30,000円~37,500円

NURO光:40,000円

詳しくはこちらhttps://www.xn--r8j3g1c6e6cwbykxep450a073b.jp.net/provider1

参考にしたサイト⇒https://selectra.jp/telecom/guides/saving-bill/internet/line-construction

まとめ

回線工事にはNTTフレッツ光内の場合のプロバイダのみ乗り換えの場合は必要がありませんが、フレッツ光以外の回線の場合は工事が必要となります。

Q.プロバイダを乗り換えるとメールアドレスは変わるの?

SONY DSC

A.インターネットを切り替えるとメールアドレスは変わります。それは普段から使ってるメールアドレスがプロバイダから割り当てられたメールアドレスの場合です。

普段からヤフーなどのフリーメールを使ってる場合は、インターネットを切り替えても影響はないものと思われます。また、プロバイダにはメールアドレスを残す方法というものも提供されています。

但し、普段からインターネットの切り替えを繰り返す方は、この方法はお勧めできません。なぜなら、少額ながらお金が毎月発生するからです。それにセキュリティの事も考えると、お金が益々必要になるかと思います。

OCN光:バリュープラン 250円

So-net光:モバイルコース 200円

DTI光:Ubicプラン 200円

GMOとくとくBB:フレッツ・ISDN接続サービス 430円

BB.excite:BB.exciteメール 380円

BIGLOBE:ベーシックコース 200円

詳しくはこちらhttps://www.xn--r8j3g1c6e6cwbykxep450a073b.jp.net/provider1

参考にしたサイト⇒https://saku10-hikari.com/internet/provider/email-address/

なお、Yahoo!BBの場合は残す方法はありません。「フリーメール」の「@yahoo.co.jp」に変わってしまいます。楽天ブロードバンドに関しては不明となっています。

auひかりやドコモ光、光コラボレーションなど回線が変わってもプロバイダのメールアドレスを残す方法は変わりません。

さらに詳しく知りたい方はこちらへ⇒メールアドレスが変わってしまった時の対処法について

まとめ

プロバイダを乗り換えても残す方法はありますので、安心して最小の方法で契約して頂くことで今まで通りにメールアドレスは使えます。

但し、この方法は最初のプロバイダメールアドレスを引き継ぐ方法です。乗り換える度にメールアドレスを残す方法をするものではありません。

いつも使うメールアドレスは、一つと決めておきその後インターネットの切り替えを繰り返しても、最初のメールアドレスを使い続ける事で維持されていきます。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えキャンペーンベスト3