プロバイダー乗り換えをする理由とは?!

インターネットをしていて日頃から不満が募りついにはスッキリとプロバイダー乗り換えをしてしまう理由とは何だろう。主な理由について紹介していきます。

プロバイダー乗り換え理由1:月額料金が高い

プロバイダーを乗り換える理由その1として、月額料金が高いってのがあります。説明すると、今利用してるプロバイダーを申し込んだときはキャンペーンなどで安くなっていました。ですが、2年後のある日キャンペーンが終了した時に、急に月額料金が高くなっていたのです。

最初の頃は、月額料金が安くて快適にインターネットを楽しんでいたのに、ある日突然に明細書を見てびっくりってことでしょう。こんなに高くなってるなんて、このプロバイダーを使い続けるのは無理と判断し乗り換えたというところではないでしょうか。

解決策:いつも安いプロバイダーに乗り換えるべし!

あのね。解決策としては、キャンペーンに頼らずともいつも安いプロバイダーに乗り換えるか、安くなるキャンペーンがいつまでも続くプロバイダーに乗り換えることでしょう。

BB.exciteやGMOとくとくBBのような常に安いプロバイダーに乗り換えるか。OCN光のように2年更新型割引のためにいつまでも安いキャンペーンがあるプロバイダーに乗り換えるのが良いと思われます。

プロバイダー乗り換え理由2:通信速度が遅い

試しにプロバイダーを乗り換えてみたけど、いつものように動画を見ようとしたら途切れ途切れで動画がまったく見れない。こんなことが起こらないとは限りません。もしかしたら、遅いプロバイダーとして有名だったかも知れないですね。

またこんな事があるかも知れないですよ。夜間、楽しみにしてた動画がアップされたので早速みようと思ったら、重くて動きが遅くなっていて見れないなどです。夜間になると遅くなるのは、PPPoE接続だからかも知れないですね。

解決策:IPv6のIPoE接続対応のプロバイダーに乗り換えるべし!

あのね。昼間でも遅いのは、周囲の環境で昼間でも利用する人が多いためなのかも知れないですね。夜間では特にこういう事が起こりやすいです。夜間だと昼間に働いてる方々が自宅でインターネットを楽しむからだとされています。そのためにネット接続が集中し遅くなるのだと。

ならば、IPv6のIPoE接続対応(v6プラスともいう)のプロバイダーに乗り換えるべきと言うことです。v6プラスならPPPoE接続とは違いプロバイダー側で認証接続をしないので、スムーズにインターネットへ接続されます。

試しに、v6プラスおよびv6アルファ対応のプロバイダーに乗り換えてみましょうよ。

プロバイダー乗り換え理由3:サポーターの対応が悪い

ある日、インターネットへの接続が出来なくなってしまったので、プロバイダーのサポートを利用しようと電話してみた。すると対応してるサポーターの知識が乏しくて、こちらの説明が通じない。これは困った。

または、こんな事もあるかも知れない。まずないと信じたいが、同じくインターネットへの接続ができなくなってしまったので、サポートに頼ろうとして電話をしたが対応してくれたサポーターの対応態度が悪くてムカついた。


インターネットを利用する人も人間ならば、サポートをしてくれるのも人間です。あってはならないですが、その日の機嫌で対応が変わる方もいるかも知れないですね。

解決策:また別の日に電話をかけ直すべし!

あのね。対応してくれるサポーターも人間です。あってはならないですが、忙しいと機嫌が悪くなり対応が雑になる方もいるかも知れないですね。そんな時は、時間を置いて別の日に電話してみるのも得策です。また、よく調べてみて自分なりに努力をした結果、サポートのチカラが必要なときに電話してみるのも方法です。

どうしても我慢ならないならば、一層のことプロバイダーを乗り換えましょう。ですが、サポートのチカラを借りなくてもいいように日頃から勉強も怠らないことも必要かなと思います。サポートも多くの方が毎日利用されるので混雑します。

あってはならないですが、忙しいと仕事が雑になることもあります。人間ですから。なので日頃からこちら側も勉強をしておくことが大切です。

まとめ

プロバイダーを乗り換える理由として、大まかに3つの例をあげてみました。当てはまる方もいるかも知れないですね。あのね。解決策として「いつも安いプロバイダーに乗り換えるべし!」「IPv6のIPoE接続対応のプロバイダーに乗り換えるべし!」「また別の日に電話をかけ直すべし!」の3つをあげました。

即、プロバイダーを乗り換えるべきと考えません。どうしても解決策が見つからない場合のみプロバイダーを乗り換えると良いと思います。試しに3つの解決方法を試してみてくださいね。