プロバイダーの乗り換えを成功させるポイントとは

パソコンについて

上の図を見て下さい。プロバイダーを乗り換える事を成功させるポイントはご覧の通りだと考えます。順次説明していきますね。

1,快適度(バックボーン)です。

プロバイダーは公式にバックボーンを発表してません。当然、どこのプロバイダーがバックボーンが太いのかわからない状態です。

ですが、口コミなどで大よそのプロバイダーのバックボーンがわかります。当サイトで調査しました口コミによりますとNTT系列のプロバイダーはバックボーンが太いです。

特にOCNは日本一バックボーンが太いプロバイダーだと考えます。口コミなので本当かどうか定かではありません。しかし、信用していいとも思えます。

プロバイダーを選ぶという事はインターネットを楽しみたいからです。快適度というものは回線が多くを占めてます。が、プロバイダーの容量も関係してくると考えます。

容量の小さなプロバイダーではいくら回線が凄くても快適にインターネットを楽しむ事は不可能です。ですから、バックボーンの太いプロバイダーを選ぶ必要があるのです。

2,サポート力(詳しく親切丁寧に説明してくれる)

初心者の方は特に、そうでなくともサポートは必要になってくる時がかならずあります。そんな時に頼りにならないのでは何にもなりません。最悪なのは利用者側の責任にしてしまう事です。

これではいくら優秀なプロバイダーでも、一気に覚めてしまい続ける気持ちもなくなってしまうでしょう。そこで、サポートの良さを確認するにはやはり口コミが必要になってきます。

私が口コミを調査した中で一番に良かったプロバイダーはSo-netでした。親切丁寧という事もあるのですが、自らパソコンなどを製造してる系列会社です。ソニーのパソコンは有名ですよね。

それだけにパソコンに関して詳しいはずですし、インターネットに関しても任せられると思います。他ではOCNやBIGLOBE、DTIなどもサポートは優秀だと考えます。これも口コミから調査した結果です。

3,セキュリティーがしっかりしてる

インターネットの世界は凶悪犯罪が成立してしまうそんな世界なのです。昨今の遠隔操作による犯罪で犯人が捕まってもまた誤認だったりしてはっきりしません。

つまりインターネットの世界ではまだ警察も犯人を捕まえる事が困難な状況なのです。だからこそ自分の事は自分で守らなければなりません。そのためにもプロバイダーはセキュリティーのしっかりした会社を選ぶのがいいとされてます。

私ごとのドジな経験なのですが、先日国内のレンタルサーバーを借りました。しかし、そこは海外サーバーを扱ってる会社でした。セキュリティーは甘く海外なので目が行き通らないかの様でした。そのために大変な目に遭いました。自分のサイトをサイトまるごとコピーされてしまったのです。

この様に、インターネットの世界は凶悪犯罪がやりたい放題の状態です。そのためにセキュリティーのしっかりしたプロバイダーを選ぶ様にしましょう。