プロバイダー乗り換えドコモ光編

ドコモ光

OCNドコモ光

OCNforドコモ光
a
料金:5,940円/4,620円
必ず20,000円キャッシュバック
新規工事費無料

So-net auひかり

GMOとくとくBBのドコモ光

a
料金:5,720円/4,400円
最大20,000円キャッシュバック
GMOドコモ光口コミ詳細へ


docomo光

ドコモ光
a
料金:5,720円/4,400円
最大20,000円キャッシュバック
ドコモ光口コミ詳細へ

niftyドコモ光

【@nifty with ドコモ光】
a
料金:5,720円/4,400円
最大20,000円キャッシュバック
新規工事費無料

ドコモ光の乗り換え方法。手順など

ドコモ光の中でなら、プロバイダーのみを乗り換える事が可能です。

乗り換えるための手順ですが、インターネットから申し込む事が出来ません。ドコモ光では、docomoのショップか、インフォメーションセンターでの手続きとなります。

近くのdocomoショップで受付されています。そこで申し込む事で工事は必要なくプロバイダーのみの乗り換えなので、事務手続きで済みます。

料金としては、事務手数料3000円が必要となりますので、注意が必要です。但し、工事をする事もなく簡単に手続きが終わります。

docomoショップへ行かれる場合は、事前に来店予約を済まされると良いかと思います。⇒docomoで申し込み

店舗へ行くのは時間がない、面倒くさいと思われてる方は電話で済ませる事が出来るインフォメーションセンターが良いかと思います。但し、混み合う事も予想されますので、少々の時間の余裕を持たれた時にされるといいと思います。

  • docomoショップ各店舗:各店舗の営業時間内にて受付
  • インフォメーションセンター:電話受付時間は午前9時~午後8時までの間で受付

以上の要領で受付されています。docomoのケイタイやスマホを契約されてる方は特に必要なものはありません。docomo以外の方は、プロバイダー情報などが書かれた書類などを用意しておくと良いと思います。

公式サイトへ→GMOとくとくBBのドコモ光

a

ドコモ光プロバイダー乗り換えの注意点とは

注意点1:費用がかかる

ドコモ光のプロバイダーのみを乗り換える際の注意点としては、お金が必要と言う事です。プロバイダーのみなので、工事費は必要ありませんが、その他のお金が必要になります。

プロバイダーのみを乗り換える事で発生する「事務手数料」です。料金としては3000円が必要になります。

また、他社から乗り換えた際に発生するものとして「違約金」です。例としてGMOとくとくBBの場合は、10,000円の違約金が発生しますので注意しましょう。

注意点2:インターネットが出来ない期間が発生

プロバイダーを乗り換えても、それで終わりではありません。インターネットにつながらない期間が発生する場合があります。その辺は、プロバイダーに相談されると良いかと思います。

でも、インターネットの出来ない期間を作る事は可能です。まずは、プロバイダーを乗り換えて設定をします。インターネットにつながる事を確認後、以前のプロバイダーを解約してください。

これでインターネットがつながらない期間をなくす事が出来ます。良いインターネットライフを楽しんで下さい。

注意点3:メールアドレスが変わってしまう

プロバイダー毎に、メールアドレスが配布されていますが、それぞれドメインが異なるために、プロバイダーを乗り換えるとメールアドレスが変わってしまいます。

メールアドレスが変わると、仕事や交友関係で支障をきたす事となります。当然、メールアドレスが変わった旨の連絡を事前にされておくと良いかと思います。

その場合は、一斉送信で同じ文面で、メールアドレスが変わる事を連絡しておきます。そして、メールアドレスが変わってからも、挨拶として一斉送信で送られると良いかと思います。

しかし、こんな事面倒くさいと思う方は、乗り換える前にメールアドレスのみを使える最小の契約をしておく事で解消されるかと思います。そうする事で、メールアドレスを残す事が出来ます。

公式サイトへ→GMOとくとくBBのドコモ光

a

GMOとくとくBB ドコモ光のメリット

スマホはどこを利用してますでしょうか? ドコモを使ってるって方は、ドコモ光にするとお得になるのはご存知ですよね。

お家の光回線はどこを利用されていますか? ドコモ光以外を使ってるって方は残念ですが、ドコモの割引を受ける事が出来ません。

auのケータイの場合は、So-net光などauひかり以外でも割引対象になる光回線がありますが、ドコモのケータイの場合はドコモ光でないと割引の対象にならないのです。

こんな悩みはないですか? 夜間の光回線の速度が遅くてイライラするといった経験をされている方は必見です。v6プラスというものが悩みを解決してくれます。

v6プラスなら通常の接続サービスで発生する混雑するポイントを通らずにそのままダイレクトに接続するので、いつでも速いというものです。

しかも、月額使用料が0円で今ならv6プラス対応の無線LANが貸してもらえるので、無線LANの環境でも速さを実感して頂けます。

また、こんな悩みはありませんか? プロバイダーを乗り換えると設定が面倒で嫌だとか、乗り換えてから設定が難しくて出来ないなどの悩みもv6プラスなら一気に解決してくれます。

ID、パスワードの設定が不要なのです。機器に接続して待つだけで既に設定は完了しており、パソコン設定の苦手な方でも楽々で利用が出来ます。

最大のメリットは、ドコモのケータイを利用してる人がドコモ光にするとケータイ代金が割引され安くなります。最大で毎月5,700円割引を受ける事が出来ます。

公式サイトへ→GMOとくとくBBのドコモ光

a

GMOとくとくBB ドコモ光のデメリットとは

GMOとくとくBB ドコモ光のデメリットをいろいろと考えてみると、ドコモのケータイ以外の方がドコモ光を申し込んでも何もメリットはないという事です。

ドコモのケータイを利用してるなら、光回線もドコモ光にする事で最大限にメリットが発生します。ですから、他社のケータイを利用してる人が申し込んでも意味はないかも知れません。

ドコモ光の様な光コラボレーションは、デメリットが大きいです。というのも、一度申し込むと他社の光回線へ乗り換えが難しくなるからです。

プロバイダーのみを乗り換えるの様に、気軽に乗り換えるわけにはいきません。光回線の乗り換えは工事が必要となるからです。そのために面倒な作業が必要となります。

光コラボレーションを選ぶ場合は、十分に検討してから選ぶ必要があります。ただ、GMOとくとくBB ドコモ光は回線速度も速く、夜間の速度が遅い人にはおすすめですし、ドコモのケータイを持ってない人でも十分に利用価値があるなら申し込みをしてもいいかも知れません。

また、GMOとくとくBB ドコモ光は、キャンペーンが凄いです。新規開通で総額最大35,700円もお得になりますし、フレッツ光を利用してる方が転用する場合でも、総額最大20,700円もお得になります。

他社から乗り換えの場合、違約金などが発生します。その違約金は申し込み者自身が支払う必要があるため、デメリットとも言えます。

公式サイトへ→GMOとくとくBBのドコモ光

a