プロバイダーを解約したらどうなる?!

プロバイダーを他社へ乗り換えを済ませたら、今まで利用してたプロバイダーは解約しなければなりません。けど、疑問が出てきますよね。もし解約したら、どうなるのと。

そこで経験も踏まえてプロバイダーを解約したら、その後どうなるのかを説明したいと思います。

インターネットに接続出来なくなる

プロバイダーというのは、インターネットに接続してくれる業者だという事を知ってるでしょうか? そうなのです。プロバイダーはインターネット接続業者なのです。

という事は、インターネットへの接続が出来なくなります。しかし、こんな体験をした事があります。それは、プロバイダーを解約したにもかかわらずに、解約後もインターネットへ接続出来てしまう事です。

これは一時的な事で、解約したからといってすぐにインターネットへ接続出来なくなるわけではなかったのです。その日だけ解約後もインターネットに接続できるようです。

メールアドレスが使えなくなる

プロバイダーから付与されていたメールアドレスは、プロバイダーを解約後には使えなくなるという事です。でも、メールアドレスを使って友達とやり取りしてた方や、企業とやり取りしてた方など困ってしまいますよね。

そんな方の救済処置として、1ヶ月数百円から使えるメールアドレスだけを残す事の出来るプランがあるそうです。ですから、プロバイダーを解約せずにプラン変更で残せるという事です。但し、このプランはメールアドレスを残すプランなので、インターネット接続は出来ないそうです。

050から始まるIP電話番号が使えなくなる

メールアドレスと同様に、電話を050から始まるIP電話番号にしてる場合は、プロバイダーから割り当てられているので、当然乗り換えをすると使えなくなってしまいます。

但し、電話加入権の番号をナンバーポータビリティで利用するならプロバイダーを乗り換えても同じ番号で利用することが出来ます。

プロバイダー解約の注意点

プロバイダーを解約するとどうなるのかは、「インターネットへの接続が出来なくなる」「メールアドレスが使えなくなる」「050から始まるIP電話番号が使えなくなる」でした。

ならば、解約後の注意点についても説明をしていきたいと思います。

注意点1:違約金が発生する場合がある

もしプロバイダーと2年契約だったり、3年契約だったりを結んでいた場合、途中解約すると違約金が発生してしまいます。

プロバイダーを解約する前に、一度そのプロバイダーのサポートに相談してみて違約金がどうなのかを尋ねてみるといいかも知れません。解約してしまって、しまったがないようにするためにです。

注意点2:インターネットに接続できない期間が出来てしまう

プロバイダーを乗り換えする場合に注意してほしいのが、新しいプロバイダーと契約する前に今まで利用してたプロバイダーを解約してしまうとインターネットへ接続出来ない期間を作ることになります。

なので、乗り換える場合は、新しいプロバイダーと契約が終わってから解約するようにして下さい。そうすればインターネットへ接続出来ない期間を減らすことが出来ます。

まとめ

プロバイダーを解約するとどうなるのかですが、「インターネットへの接続が出来なくなる」「メールアドレスが使えなくなる」「050から始まるIP電話番号が使えなくなる」などでした。

そのために注意するためには、インターネットへの接続できない期間をなくす事。違約金が発生するか確かめる事が大切です。