インターネットの引越しも忘れずに

引越しするなら、インターネットも一緒に

ここ

引越しをするとき、引越し先をみつけたり、荷造りを行ったり、今の住居の解約手続きをとったりと、いろいろな準備をしなくてはいけません。

引越し先を探すことや、荷造りをすることは当然ですが、日頃使っている電気やガス、インターネット回線の引越し準備を忘れてしまう方が意外に多いのです。

ライフラインは電気会社やガス会社に連絡することで、すぐに今の住居の分は止めてもらえますが、インターネットを解約する場合、ライフラインのように簡単にはいきません。

一般的なインターネット回線の場合、光回線やADSL回線を利用していることが多く、そのほかにもプロバイダーと契約しているといったことを知らない方もいらっしゃいます。

引越しをしてきたときはインターネットをつなぐために、いろいろ調べて覚えてはいますが、年月が過ぎると、インターネットをつなぐために契約した会社がどれだったか、忘れてしまう方も多いようです。

引越し先でインターネット環境が整っているのなら問題ありませんが、自分で用意しないとインターネットがつながらない場合は、引越し先が決定したら、新しいプロバイダーや回線業者の手配をするようにしましょう。

詳しくはこちら引越ししたばかりでも3ステップで簡単申し込み

インターネットの引越しは、早めに確認を

最近ではマンションやアパートといった集合賃貸住宅の場合、すでにインターネット環境が用意されていることも多くなっています。引越してもLANケーブルにつなげるだけで、すぐにインターネットが利用できる賃貸住宅も少なくありません。

しかし、中には部屋ごとに個別に回線を引き入れている場合もありますので、自分でインターネット回線とプロバイダーの契約をしなくてはなりません。

引越し前のプロバイダーとインターネット回線を利用したい場合、回線業者への連絡とプロバイダーへの連絡が必要になってきます。

特に今住んでいる地域を離れて、違う都道府県へ移り住む場合、早めに引越し先の回線業者やプロバイダーを探すようにしましょう。

プロバイダーは利用できる地域が限定されている場合がありますので、地域密着型のプロバイダーなどを利用している場合、引越し先でも利用できるか確認しておくことが必要です。

引越しがわかっていたら1ヶ月前から連絡を

突然、明日引越しをするって方は、それほど多くはないと思います。もしわかる範囲で構わないので、1ヶ月前に今現在のプロバイダーへ引越しすることを連絡しておきましょう。

プロバイダー側の都合もありますので、突然明日引っ越しますと言っても対応をしてくれることは少ないと思います。そうなると1週間~1ヶ月はかかってしまいます。

その間、インターネットが出来ない期間が発生することになります。そうなると失われるものもあるかも知れないですね。

インターネットの引越しは、新築なら尚更、早く連絡を

アパートやマンションなど既に以前から建っていた建物なら、光回線工事を行う必要はないかも知れませんが、新築となるとまだ光回線が導入されてないと思いますので、工事が必要になってきます。

光回線工事は、明日明後日に工事が出来るわけではありません。まず最初に予約をしないといけないのです。工事の予約が取れても1週間先だとか2週間先になる事もありますし、最悪1ヶ月先になることもあります。

インターネットの引越しにはかなりの労力と手間がかかりますが、インターネットのない生活なんて考えられないですよね?! そうなると、少しの我慢をしながら引越しを進めて頂けるといいと思います。

詳しくはこちら引越しをしたら

まとめ

インターネットの引越しは、簡単にできるものではありませんが、早めの行動を起こすことにより、引越しをした当日からインターネットが使える生活を送ることが出来ます。

目安としては1ヶ月前に連絡をすることを忘れないで下さい。光回線の工事のこともあります。プロバイダーだけの引越しなら当日にも完了できますが、光回線の引越しとなると時間が必要なのです。

忘れずに連絡をして引越しした当日からインターネットを思いっきり楽しみましょうよ。


詳しくはこちらOCN光評判

公式サイトへ【OCN光】
a


公式サイトへ安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』
a