転用って何?

プロバイダを乗り換えようと思ったけど、わからない言葉が増えて意味が何なのかわからなくなってきていると思っていませんか?

まず、プロバイダ乗り換えとはフレッツ光はそのままにしてOCNからWAKWAKへやその逆でWAKWAKからOCNへプロバイダを変える事を乗り換えると言いました。

転用とは、今までフレッツ光はNTTで契約。プロバイダーは例えばWAKWAKならNTT-MEと契約してたと思います。それをOCN光へ転用すると契約はNTTコミュニケーションズとする事になります。

つまり、今までは光回線とプロバイダの契約をそれぞれが運営してる会社と契約をしてましたが、転用する事により一括でプロバイダ会社と契約する事を言います。

転用する事で、プロバイダと光回線がひとつの契約になるので、料金のお支払いは当然ひとまとめにする事ができ、プロバイダ会社へお支払いすればいいのです。

料金も安くなりました。今までなら光回線だけでホームタイプなら5,000円ほど、マンションなら3,500円ほどしてたと思いますが、ひとつになっても料金は同じくらいに設定されています。

プロバイダを転用する事でお支払いがひとまとめになるだけでなく、全てのサービスがプロバイダ会社になるためにわかりやすくなりました。

転用後は全てサポートがプロバイダ会社となるので、インターネットに関する疑問や不安をプロバイダ会社へ問えばいいので楽になります。

この際、他社プロバイダへ乗り換えを考えてるなら、転用を考えてみませんか?この際、プロバイダも光回線も全てひとまとめにしてみましょう。

転用するには必要なものがあります。それはNTT東西から発行してもらう転用承諾番号と言うものです。私も転用しましたので、その時に発行してもらった体験談を見てください。

転用承諾番号は簡単に取得できる

ここ

光コラボレーションはわかったけど転用承諾番号が必要だの、通常のプロバイダー乗り換えに比べると面倒で難しいと考える人が多いようですが、私も少し体験させてもらいましたがとても簡単でした。

NTT西日本での転用承諾番号発行方法

私の場合は、NTT西日本でフレッツ光を契約しておりますので、まずはNTT西日本のホームページへ行き、会員サイトの「NTT-West」へログインします。

会員サイト上部にある「各種お手続き・お問い合わせ」をクリックしますと、メニューの中に「光コラボレーション関連のお手続き」とありますので、そこをクリックします。

その後、「転用承諾番号」の払い出しと書かれたところにある「お手続きはこちら」をクリックします。その後は「同意して次へ」を案内に従ってクリックしていきます。

NTT西日本の場合は、会員サイトより手続きをすれば、すぐにでも転用承諾番号は発行してもらえます。とても簡単ですね。その後は、各プロバイダーにて光コラボレーションの申し込みをすれば終了となります。

ここ

NTT東日本での転用承諾番号発行方法

NTT東日本の場合は、NTT東日本のフレッツ光の個人向けページにて「光コラボレーションに関するお手続き」とありますので、そこをクリックしてください。

下へスクロールしていくと手続きのやり方が順番に書かれてますので、ステップ1から順に進めてください。ステップ1の3番にあります「NTT東日本でのお手続き」にてお申し込みができるようです。

NTT東日本の場合も手続きが終了したらメールなどでお知らせが来ると思います。そこに転用承諾番号が書かれてるのではないでしょうか?

ここまでは簡単じゃなかったでしょうか?もちろん、ここからもとても簡単で、各社プロバイダーへの申し込みは転用承諾番号を取得すれば、数分の手続きで終了します。

あとは、プロバイダーから連絡が来るのを待つのみです。書類が送られてくると思いますので、1週間ほどお待ちください。書類が届けばあとはプロバイダー乗り換えと同じく設定をするのみで終了となります。

転用に関しては、転用承諾番号が必要になるだけで、あとはプロバイダー乗り換えと変わりがありません。とっても簡単なのです。しかも、工事など全く必要はありません。

今すぐにでも誰にでも簡単に出来ますので是非、光コラボレーションへの転用申し込みをやってみましょう。検討をお願いします。

【プロバイダ一覧】