プロバイダーを2年ごとに乗り換えた方が良い理由

今利用してるプロバイダーは何年契約ですか?! これを聞いた理由は、契約には〇年契約などの契約期間が設けられた場合があるからです。

〇年契約というのは、プロバイダーの月額料金が割引されてる場合は、2年契約だったり、3年契約だったりと契約期間があるものです。

多くのプロバイダーでは2年契約が多いです。3年契約ってところもありますが、殆どが2年契約です。

その2年契約以内に解約をしてしまうと違約金が発生します。なぜ違約金が発生してしまうのかと言うと、プロバイダーとの契約で2年間の契約期間で、毎月の月額料金を割引します。いいですねという約束をしてしまっているからです。

約束を破って、途中解約をしてしまうと罰として違約金が発生する仕組みになっています。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えた後の解約するタイミングで悩んでませんか?!

参考にしたサイト乗り換えに関する参考資料/総務省

違約金を発生させない方法とは?!

2年ごとに乗り換えるって言うのに、違約金が発生してしまうのならダメじゃんって思ってますよね?! まだ待って下さい。

違約金を発生させないためには、2年契約ならその約束通りに、2年間使い切ることです。これで違約金は発生しません。

勘のいい人はもうわかりましたよね?! 2年ごとに乗り換えた方が良い理由とは、2年契約をそのまま守り違約金を発生させないように丸2年で乗り換えるってことです。

これが最も良いタイミングでのプロバイダーを乗り換える方法となります。

プロバイダーを解約した時に発生する違約金

プロバイダー名 違約金/縛り年数
OCN光 11,000円/2年
So-net光 20,000円
36ヶ月
BIGLOBE光 9,500円
2年
BIGLOBE光 20,000円
3年
nifty光 9,500円
2年
nifty光 20,000円
3年
ソフトバンク光 9,500円
2年
DTI光 0円
なし
楽天ひかり 1,800円
フレッツ光および光コラボを利用中でない方は800円
ドコモ光 13,000円
戸建て2年
ドコモ光 8,000円
マンション2年
auひかり 15,000円
3年
auひかり 9,500円
2年
NURO光 9,500円
2年

こうやって見ると、違約金がどれほど高額なものかわかると思います。出来れば払いたくはないですよね?! 簡単に1万円以上のお金を払えって言われてもすぐには出せるものではありませんよね?!

だったら、この状況を抜け出すには契約期間の2年間を乗り切って、契約通りに2年後に解約するしか方法はありません。

詳しくはこちら【違約金を含む】プロバイダー乗り換えにかかる費用について

2年ごとにプロバイダー乗り換えをやる答えとは?!【まとめ】

違約金を払いたくなければ、契約期間の2年間を満了して、2年後の25ヶ月目に乗り換えるしか方法はありませんね。

契約期間 解約する時期
2年契約 25ヶ月目
3年契約 37ヶ月目

上記のように2年契約なら25ヶ月目に解約するのが望ましいです。なので25ヶ月目にタイミング良く乗り換えたいところです。

3年契約なら37ヵ月目が望ましいです。それまではジッと我慢ですね。

プロバイダー乗り換えは2年ごとに乗り換えるのが望ましいってことが答えです。その理由は高額な違約金を支払いたくはないからです。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えのタイミング


詳しくはこちらOCN光評判

公式サイトへ【OCN光】
a


公式サイトへ安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』
a