Tier1とは何の事?

ここ

今こうして、私たちがインターネットを楽しめるのも、プロバイダーあっての事です。インターネットは全世界を蜘蛛の巣のようにつなぎ合さって出来上がっています。

それには、すべてのプロバイダーがルータを介して経路情報を持ちつながっているためです。その頂点に立つのがTier1の称号を得た大手プロバイダーと言う事なのです。

つまりTier1を持つプロバイダーは、中小の多くのプロバイダーが合わせもつ経路情報を持ちインターネット上すべてにパケットを送れつながるのです。

Tier1をもつプロバイダー以外は、Tier1を持つプロバイダーから経路情報を入手して全世界につながるようになっています。そのTier1は全世界でも数えるほどしかなく、アジアではOCNのみとなっています。

Tier1は、インターネットの生みの親でもあるアメリカのプロバイダー数社に集中しており、アジアでは日本のOCNのみとなっているわけです。

OCN以外の日本国内のプロバイダーは、Tier1を持つプロバイダーから経路情報を入手してつながっていることになります。もし、安定的にインターネットを楽しむならTier1の称号を得ているOCNでやった方がより楽しめます。

光回線でインターネットをするけど、立ち上がるのも遅いしページ開くのも重いって思った場合、プロバイダーをOCNに乗り換えるだけで解決するかも知れません。

遅い時はどこかがボトルネックしてるわけです。もし、中小プロバイダーを利用していて遅いなら間違いなくOCNに乗り換えると解決するでしょう。

Tier1という言葉ですが、わかってもらえたでしょうか?簡単に説明するとインターネットの経路情報には階層があります。そのトップに立つのがTier1と言う事です。

インターネットの接続性を保つためにはどこかのTier1につながる必要がある多くはアメリカのプロバイダーとつながっているわけです。だから、今でもアメリカが中心というわけですね。

公式サイトへ→OCN光
a