プロバイダの解約後に個人情報は残る!?

最近では個人情報が何かと問題になっていますね。会社でインターネットを利用される方はもちろんですが、ご自宅でのインターネットの利用においても個人情報が漏れていないか、心配な方も多くいらっしゃるかと思います。

基本的には警察から捜査関係事項照会書が発行された場合などを除いては、プロバイダが利用者の個人情報を第三者に提供することはありえません。

ここで言う個人情報というのは「氏名」や「住所」、「IPアドレス」、「メールアドレス」を指します。サイバー犯罪が起こった時にこれらの情報をもとに犯人を特定するのです。

プロバイダの乗り換えを考えているけど、むやみに契約業者を転々として大丈夫なのでしょうか。解約後の個人情報の取り扱いはどうなっているのか、気になりますよね?解約後にずっとダイレクトメールが届いたのでは大迷惑です。ハッキングされて情報が悪用されるかと心配かもしれませんね。

結論から言うと、「解約後ある程度の期間経過後に削除」されます。法律で特に規定が有るわけではないのでプロバイダーの管理次第ということになります。

ただし、悪用される心配はほとんど無いとみて良いでしょう。個人情報の漏洩は一般企業でも大打撃、ましてや通信業者であるプロバイダにとっては命取りになるからです。現代のような情報社会では個人情報の悪用や漏洩はプロバイダの信用を地に失墜させてしまうことでしょう。

あるプロバイダに問い合わせると「保存期間を定め、保存期間経過後または利用目的達成後に個人情報は遅滞なく削除します。」という答え。何とも言えない内容ですが、これには説明がつきます。

上で述べたようにサイバー犯罪、インターネット上での違法行為があった際に情報開示を求められるので警察などからは数ヶ月は保持するように言われています。

その一方で、通信の秘密やプライバイシーに関わるので長期保存は政府からダメと言われています。また、IPログなどの管理には手間や人件費も掛かってきます。したがって基本的にはある程度の期間を経たら削除する、という流れになるわけです。

参考にしたサイトソフトバンクの個人情報の取り扱いについて

詳しくはこちら厳選おすすめなプロバイダーへ乗り換え!