フレッツ光はそのままにプロバイダーだけ乗り換える

プロバイダー乗り換えは関係ないという間違い

いろいろとプロバイダーを乗り換えることのメリットなどが報道されていても、自分の家庭ではすでにフレッツ光に申し込んで開通させてもらっているので、いまさら会社を変えるわけにはいかないと考えている方も多いようです。

最初に整理しなければならない点として、インターネットを使用するためには2つの契約が必要になります。その1つは回線を使用するための契約です。

自宅での固定回線を用いて高速インターネットを楽しみたい場合には、フレッツ光などの光ファイバーを用いた通信が最適です。

そのため、現在自宅にはNTTの光回線が引き込まれており、月額料金を支払うことによって回線を使用することができています。

しかしそれだけではインターネットに接続することができません。プロバイダー業者が提供してくれるサービスを利用することによって、実際にインターネットに接続することができます。

毎月の明細をよく確認してみると、プロバイダー料金を支払っているはずです。

NTTと関係のある業者であれば、まとめて1枚の請求になっているかもしれませんし、他の業者であれば個別で引き落としがなされているわけです。

別個で見直すことができるので安心!

ここ

回線部分とプロバイダーは別個の契約になっているので、どちらに関しても単独で見直すことができます。

フレッツ光プロバイダー乗り換えの話題が上がっているのですが、現在のフレッツ光の契約はそのままにして、プロバイダー部分だけ変更することによって賢く通信費をコントロールする機会が開かれているのです。

フレッツ光プロバイダー乗り換えキャンペーンは、すでにフレッツ光を使用している方を対象に含めており、乗り換えによって最初の数か月分の使用料が免除される、または高額キャッシュバックを受け取る機会が開かれています。

現在契約中のプロバイダー業者と新しく契約する業者のサービスによっては、料金が安くなる、速度が速くなって快適なインターネット環境が整うなど、その他のメリットの恩恵にあずかることができます。

まずはプロバイダー部分だけに注目して、わからないことはキャンペーンを打ち出している代理店に確認してください。

【2021年最新情報】事業者変更を利用して賢く乗り換える

2021年は事業者変更を賢く利用して乗り換えることが大切です。フレッツ光も形を変えてサービス提供されてます。今後は、事業者変更を利用することが多くなりそうですね。

事業者変更には、承諾番号を現事業者から発行してもらう必要があります。その際には「お客さまID」や「ひかり電話番号」などの確認をお願いします。必ず必要となるので今から準備しておきましょう。

詳しくはこちらアサヒネット評判

公式サイトへASAHIネット