今度契約するプロバイダー業者を迷うべき理由

ここ

最初にインターネットの契約をしたときには、プロバイダー業者選びで迷った記憶がないかもしれません。
しかしそれから月日が経過して、いまではプロバイダー乗り換えによってお得にインターネットを利用することができるというニュースを聞いて胸が躍っているに違いありません。

今回プロバイダーを選ぶにあたって注意すべき点はあるのでしょうか。
基本的に言って、プロバイダー乗り換えに際してどの業者に乗り換えるかということは本人の自由ですし、それぞれの価値基準に従う必要があります。

できるだけ信頼のおける実績のあるプロバイダー業者がいいということであれば、大手の業者の中から選び出すことができます。
勢いがあって新たなサービスを果敢に打ち出していくような新規参入業者にはそれなりの魅力があります。

いろいろ比較検討して、最終的に1つのプロバイダー業者を選ぶ必要があります。
最近ではフリーメールのサービスも充実しているのですが、それでもしっかりとしたプロバイダー業者が提供してくれるメールアドレスを取得したいという場合には、メールを中心にプロバイダー業者を選定する必要があります。

格安の月額料金でサービスを提供している業者の中には、メールサービスの利用を有料としているところもあります。
当然ながら現在のプロバイダー業者との契約を解除すると、その時点でメールサービスも利用できなくなります。

またプロバイダー業者によっては、複数のメールアドレスの取得を許可しているところもあります。
自分にとってどのようなサービスを提供してもらうことが助けになるのか、まずはその点をはっきりさせてください。

そうしなければ、目先の月額料金の安さやキャンペーン特典の魅力などによって判断が曇ってしまうことがあるので注意しましょう。
とくにキャンペーン特典を狙ってプロバイダー乗り換えをする際には、そのための条件として1年、多くの場合は2年間の使用を約束する必要があります。

2年後のことは正確にわからないとはいえ、ある程度の期間のことを念頭に置いて決定をする必要があります。
少し時間をとって、関係している事柄について冷静に考えてください。

プロバイダー選びの際に注意する点

プロバイダーを選ぶ際に注意する点があります。例えばですが、キャンペーンが魅力的だからと、それだけで選んだ結果とんでもないことになったなんて場合もあります。

どんな注意点があるか紹介させて頂きます。

キャンペーンを選ぶ際に条件をしっかりと見る

割引キャンペーンなどの場合は、2年契約だったり、3年契約だったりする場合が殆どです。この契約期間が設けられることに注意しましょう。

契約終了後に高額請求が来ることはありませんが、契約期間を破って解約してしまうと違約金が発生します。

違約金
OCN光 11,000円
So-net光 20,000円
ドコモ光 13,000円

ごく一部ですが、こんな感じで高額請求されてしまいます。もしかしたら、1カ月のお小遣いが飛んでしまうかも知れませんね。

キャッシュバックも適用条件があるので、それに適用されていないと一銭も貰えない場合があります。キャンペーンを選ぶ際には条件に目を通しておきましょう。

詳しくはこちらプロバイダー乗り換えキャンペーン比較【適用条件付き】

v6プラスが対応してるか確認する

最近では、v6プラスがなにかと活用されています。フレッツ光回線で夜間や土曜日、日曜日などの休日に速度が出ない。遅いと嘆いてるなら一度v6プラスを使ってみるといいかも知れません。

v6プラスが対応されてるかは最重要項目になります。もし対応されてない場合は、速度が出ない時に速くする方法に限界がありますので、対応されてるプロバイダーを選びましょう。

詳しくはこちらv6プラスに対応してるプロバイダー一覧

詳しくはこちらアサヒネット評判

公式サイトへASAHIネット