これって二重請求ではないの?

ここ

なぜか2つの会社から請求が来ているからおかしいと思いながら、しぶしぶ支払っているという方も少なくないかもしれません。

電話回線を使用する、光ケーブルを使用する会社へ支払いをしているのに、それとは別の業者からプロバイダー料金というものを請求されているというケースです。

きっとインターネットを自宅に引く際に、両方とも同時に契約したために理解が不足しているのかもしれませんが、回線のために支払っているお金と、プロバイダー契約のために支払っているお金があって当然です。

つまり自宅でインターネットを使用するためには、この2つの業者に対する支払いが必要になってきます。場合によっては回線を提供している業者のグループ会社でプロバイダー契約をしているなどの理由から、請求がまとめて来る場合もあります。

それでもやはり2つの方面に対する支払いをしていることには変わりありません。

そもそもプロバイダーとは何なのか、そのことを理解しておけば、心からとまではいかなくても納得して月額料金を支払うことができるはずです。

プロバイダー業者は、インターネットに接続するためのサービスを提供する業者です。契約者が実際にインターネットにつなぐことができるように、この業者が接続をしてくれるわけです。

せっかく回線が自宅に来ていても、それだけでネットワークに入り込めるわけではありません。

プロバイダー業者の助けを得てはじめて入り込むことができます。現在のところ、わたしたちの手の届く範囲にあるプロバイダー業者は多数に上ります。

各社とも顧客獲得のために魅力的なサービスを低価格で提供できるように努めています。そのため、近年業者間での月額料金に見られる差、サービスの質の距離も少なくなっている傾向にあります。

現在インターネットを使っているということは、1つの業者とのプロバイダー契約を行なっているということです。この機会にプロバイダー乗り換えを検討してみるとよいと思います。

サービスの品質を変えることなく、業者を変えるだけでキャッシュバックなどのキャンペーン特典を手にすることができ、通信費の節約を実現できます。

プロバイダーって何だ?!

いろいろと説明をされてもピンと来ない人もいると思います。そこで、プロバイダーについて説明します。正確な名称は「インターネットサービスプロバイダ」です。

略して「ISP」とも呼ばれます。このプロバイダーですが、何をしてるのでしょうか?! 詳しいことについては別ページで紹介してますのでこちらでプロバイダーとは?!

現在は一体型が主流

これまでの話は、「プロバイダー」と「回線」が別々に契約をした場合の話です。つまり「フレッツ光」を契約した際の話ですね。ですが、現在は時代も進み一体型と言われる「光コラボレーション」などが主流となっています。

ですから、ひとつの契約で「プロバイダー」と「回線」を契約するというわけですね。例えば、OCN光なら「OCN」がプロバイダーで「フレッツ光」が回線です。その二つが一つになったのが光コラボレーションです。

【まとめ】二重契約にならないために解約のタイミングも大切

プロバイダーを乗り換えた際に、今まで使っていたプロバイダーの解約もタイミングが大切です。このタイミングを間違えると次のようなことが起こります。

●違約金が発生する

●2社から請求が来る

違約金が発生するとは、契約では2年契約だったり、3年契約だったりした場合に、途中解約となった時に違約金が発生します。

プロバイダーを乗り換える際にこのタイミングを間違えないことが大切です。詳しくはこちら解約のタイミングについて悩んでませんか?

詳しくはこちらアサヒネット評判

公式サイトへASAHIネット