ウェブページにアクセスできません時の対処法

ある日「ウェブページにアクセスできません」とインターネットをしてる時にブラウザに表示された。どうすれば良いんだろうと困っています。とYahoo!知恵袋にもありました。

URLは正しいか

URLが正しいかを確認することは基本中の基本です。インターネットをする場合、目的のウェブページはアクセスする場合、URLが正しくないとアクセスできません。

ウェブサイトにはIPアドレスが割り振られています。これは住所を表すようなもの。郵便物も住所が違うと届きませんよね。それと同じで、インターネットでもURLが1文字でも違うと目的のウェブページに辿りつきません。

ウェブページは存在してるのか

ウェブページがインターネット上に存在してないとアクセスはできません。もしかしたら、今まではあったとしても、ある日突然ウェブページを削除されてるかも知れません。

確認方法は簡単で、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索窓に目的のウェブページのURLを1文字も間違いなく打ち込みます。検索結果に出てくればあるはずですが、なければもう消えてる可能性があります。

Cookie(クッキー)を削除する

cookieはウェブブラウザにウェブページなどの情報を自動に保存されることです。cookieが貯まってくると重くなったりアクセスしずらくなる場合があります。なので、削除することは有効と言われています。

詳しい方法についてはこちらこのサイトにアクセスできない時の対処法

ブラウザを変えてみる

インターネットをするためのソフトウェアをブラウザと呼びます。ブラウザに関しては、各社が出しておりいろいろと試してみることをおすすめします。

chromeやMicrosoft Edgeなど多くのブラウザが出てますが、重くなる場合もあったり、軽い場合もあります。どれが自分のパソコンに合っているか試してみて下さい。

chrome

Microsoft Edge

safari

Mozilla Firefox

Opera

LANケーブルを変える

あまり多く知られてないけど、LANケーブルを変えるだけでもインターネットスピードが上がり軽くなることがあります。変えるというよりも今利用されてる光回線の規格に合ったLANケーブルにすることでインターネットの調子が良くなります。

規格 通信速度 伝送帯域
CAT8 40Gbps 2000MHz
CAT7A 10Gbps 1000MHz
CAH7 10Gbps 600MHz
CAT6A 10Gbps 500MHz
CAT6 1Gbps 250MHz
CAT5e 1Gbps 100MHz
CAT5 100Mbps 100MHz

今利用してる光回線の最大通信速度が1Gbpsなら「CAT6A」か「CAT7」が良いです。最大通信速度が10Gbpsなら「CAT8」が良いでしょう。

IPv6接続にしてみる

もしかしたら、回線の問題かも知れませんね。フレッツ光なら「IPv6接続」にしてみましょう。よく言われてる「v6プラス」や「v6アルファ」と呼ばれてるものです。

IPアドレスがIPv4では枯渇していてアクセスがしずらい場合もあります。なのでIPv6を試してみることも必要かなと思います。

v6プラスやv6アルファは、IPv4の「ユーザー認証」ではなく「回線認証」なので混み合うことがなくスムーズにアクセスができて快適になります。IPv6接続にすることでウェブページにアクセスできませんという事がなくなるかも知れませんね。

プロバイダーまたは光回線を変えてみる

何を試しても存在するウェブページにアクセスできませんと表示されるなら最終手段としてプロバイダーを変えてみることも必要かなと思います。もしかしたら、プロバイダー側の問題かも知れないからです。

詳しくはこちら⇒プロバイダーを変える

まとめ

ウェブページにアクセスできませんと表示されたらの対処方法を紹介してきました。一番解決するだろうと思われるのがcookieを削除することでしょうか。案外、ブラウザを変えるだけでも解決する場合があります。

基本中の基本ですが、URLが間違ってないか、ウェブページは存在してるかを確認することは怠らないで下さい。意外ともうインターネット上にそのウェブページがない場合があるからです。